ダイソーはポスカじゃない!ポスティラの使い勝手を徹底検証

100均

ポスターやお店のPOP制作に欠かせないのがカラーペンです。

鮮やかな発色でデザインされたポスターやPOPは思わず目を惹きます。

カラーペンで有名なものといえば「ポスカ」ですよね。

文房具店やホームセンターでも購入できる身近なカラーペンです。

実はポスカに似たカラーペンがダイソーに売っているのです!

その名も「ポスティラ」

見た目もポスカによく似ていますが別物ですよ。

別物ですが、ポスカと変わらないという声があるほど人気です。

そこで今回は、ダイソーのポスティラとポスカを検証してみました。

気になる使い勝手やカラーの種類もご紹介しますよ。

ポスターやPOP制作などはいろいろと費用がかかりますね。

ポスティラが気になっている人や価格の安いカラーペンを探している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイソーのポスカもどきのペンはポスティラ!その使い勝手は?

ポスターやPOP制作で使う有名なカラーペンといえばポスカです。

そのポスカに似ているペンがダイソーにも売っています。

名前はポスティラで、見た目もポスカに似ています。

でも似ているのは見た目だけではありませんよ。

カラーペンとしての使い勝手もポスカと変わらないと評判なのです。

ポスティラとはどんなペン?

ダイソーで販売しているポスティラは、万年筆で有名なセーラー万年筆が作っていました。

残念ながら、現在は生産が終了しており在庫分のみを店舗で販売している状態です。(2021年7月現在)

ポスティラを生産していた時期はコンビニでも販売していたそうですが、現在はダイソーでしか手に入りません。

在庫がなく陳列していない店舗も中にはあるので、近くのダイソーになければ他の店舗に探しに行くしか手段はなさそうですね。

ポスティラはポスカと似ていますが、布用染料ペンという扱いになります。

布用なので、布やタオルなどにも直接書き込めます。

布以外にも、紙やダンボール、プラスチック、鏡、ガラス、金属といろいろな素材にも書けますよ。

重ね書きも出来て、裏写りも少ないので便利です。

今は100均で、ポスカとほぼ同性能なカラーペンが手に入るのですね。

ダイソーポスティラの口コミはどんなものがあるの?

ダイソーのポスティラは人気が高く、SNS上でもよく見かけます。

実際に使ってみた人達の口コミや用途をまとめてみました。

使って見た人達の口コミ評価

  • 発色が良く、リピートしている
  • 値段も安くポスカと変わらないので好き
  • 直接布に書いても滲まないのでうれしい
  • 水性インクなので嫌なニオイがしない

ポスティラの用途

  • のれん制作
  • スニーカーをオリジナルデザイン
  • ガラス容器にイラストを入れる
  • プラモデルのカラーに使う
  • トートバッグのイラスト用
  • ウェルカムボードの制作

ポスティラはいろいろな素材に書けるので、DIYの幅も広がりますね。

現在は在庫分のみの販売なので、見つけたらまとめ買いをするといった声もあります。

気になる人は早めにチェックした方がいいかもしれませんね。

ダイソーのポスティラとポスカを機能面と価格で徹底比較

ダイソーのポスティラとポスカは見た目や性能が似ているとお伝えしました。

でも、本当にそうなのか疑問に感じる人もいますよね。

次はポスティラとポスカを価格や機能面で比較してみましょう。

ポスティラとポスカの価格は?

まずは価格からです。

ポスティラはダイソーで購入できるので、1本110円(税込)です。

ポスカはサイズにもよりますが、中字丸芯や細字丸芯は1本220円(税込)です。

やはりダイソーの方が1本あたりの価格は安いですね。

ポスティラとポスカの機能面は?

次は大事な機能面についてです。

ポスカはペンの太さが選べますが、ポスティラは1種類のみです。

ポスティラのペンの太さは、ポスカの中字と似ている感じですよ。

ポスティラを数回振ってからペン先を紙に押しつけてインクを出します。

文字やイラストを紙に書いた感じは通常のペンと同じく書きやすいです。

でも、ペンによってインクの出方にばらつきがありました。

同じ色でも、すんなりインクが出てくるペンもあれば、急に出なくなったり、インクがかすれたりするペンもありました。

それに比べるとポスカは非常に安定していました。

まず、ペンを数回振ってからペン先を紙に押しつけてインクを出します。

ポスカは、書き始めてから一定のインク量で文字やイラストがスムーズに書けます。

かすれや急にインクが出なくなることもありません。

また、どちらも不透明の水性インクなので重ね書きができます。

黒色の上から白色で重ね書きをした場合はどうでしょう。

仕上がりの見た目に大きな違いはありませんでした。

どちらのペンもしっかりと白色で重ね書きができます。

ただ若干、ポスティラの方は下の黒色が透けて見える感じがしました。

ポスカは不透明感がしっかりとあるので、下の黒色も気になりませんでしたよ。

ポスティラと比べると、ポスカはインクが安定しているのでストレスがないです。

重ね書きもしっかりとできるのでデザインの幅も広がります。

機能面を比べると、ポスカに軍配が上がりますね。

ポスティラとポスカのカラー種類は?

最後は色の種類です。

ポスティラのカラー展開は10色ありました。

赤・黒・白・ピンク・緑・黄・青・オレンジ・ゴールド・シルバー

ダイソーのオンラインショップからもポスティラはまとめ買いが可能ですが、色は赤・黒・白の3色のみです。

他の色はオンラインショップで購入できないので、見かけたらすぐ購入しておかないと、手に入りにくそうですね。

ポスカのカラー展開は驚きの29色でした。

赤・黒・白・青・水色・緑・黄緑・黄・橙・紫・うすだいだい・山吹・桃・茶・灰・金・銀・カーキグリーン・ダークブラウン・ネイビーブルー・ダークレッド・フーシャ・スカイブルー・パステルグリーン・パステルイエロー・パステルオレンジ・コーラルピンク・ライトピンク・パステルパープル

定番の色から濃淡の違いまで、カラーペンで表現が可能です。

ポスカは文房具店やホームセンター、ネットでも購入が可能です。

ポスティラとポスカを価格や機能面で比べてみました。

多少の質は悪くても書けるペンでいい人や費用を抑えたいならポスティラがいいですね。

色塗りや仕上がり、色の表現にこだわりたい人ならポスカが断然おすすめです。

セリアにはポスカに似たものは売っている?

ダイソーにはポスティラというポスカに似た布用のカラーペンがあります。

このポスティラはダイソーにしか置いてないので、セリアで購入はできません。

でも、セリアにも布用のカラーペンは置いてあります。

ぬの書きマーカー

こちらはセリアで購入できる布書き用のカラーペンです。

蛍光ペンのような発色で淡い色が好きな人におすすめです。

色の種類も豊富ですよ。

水に濡れても色が落ちにくいので、カバンや靴のデザインにも活躍できます。

布用スタンプパッド

布用のスタンプパッドもセリアで購入できますよ。

いろいろなスタンプを使って布に可愛いイラストをデザインできます。

好きなスタンプで捺印したあと、乾くまで待ちます。

スタンプが乾いたら、あて布をして15秒ほどアイロンをかければ完成です。

カラーも黒や白以外にもありますよ。

さくらんぼ・ショコラ・キャメルと色の名前も可愛いですよね。

セリアにはポスカに似たカラーペンは見当たりませんでした。

でも、布用のカラーペンやカラースタンプの種類は豊富です。

小さい子どもと一緒にDIYやペイントを楽しむなら、セリアのスタンプがおすすめですよ。

イラストの種類もたくさんありますし、スタンプを押すだけなので簡単です。

まとめ

ダイソーのポスティラはポスカと良く似ています。

ポスカと比べると、ややインクの出などに差は有りますが、きれいな発色で不透明感もあります。

カラー展開も豊富なので、コスパの良いカラーペンと言えるでしょう。

ポスティラは布用染色ペンですが、紙はもちろん他の素材にも書くことができます。

自分の趣味やDIY、子どもの工作などいろいろな場面で使えますね。

置いている店舗数も少ないようなので、気になる人は早めにGETしておきましょうね。

100均には他にもいろいろな種類のカラーペンがあるので探してみるのも楽しですよ。

ぜひ、お気に入りのペンを見つけて、オリジナル作品を作ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました