スープジャーでオートミールを作る!弁当にするにはサイズはどのくらいが良いか検証

食品

オートミールで作るスープジャー弁当は手軽に作れて栄養も豊富なことから、最近人気が出ています。

しかし、いざオートミールのスープジャー弁当を作ろうとしても、市販されているスープジャーには300ml、400ml、500mlとさまざまなサイズがあり、「スープジャー弁当を作ってみたいけれど、お弁当にちょうど良いサイズが分からず、どのサイズのスープジャーで作るか迷ってしまう」という方もいらっしゃると思います。

この記事では、オートミールを使用したスープジャー弁当にちょうど良いサイズのスープジャーのサイズを検証してみました。

これからオートミールを使用したスープジャー弁当に挑戦してみようと考えていらっしゃる方は参考にしてみてください。

スープジャーをメーカー比較!それぞれの特徴を解説

これからスープジャー弁当をに挑戦しようという方は、新しくスープジャー購入することから始めますよね。

しかし、スープジャーはさまざまななメーカーから販売されているため、スープジャーのサイズはもちろんのこと、どのメーカーが良いかについても迷われるのではないでしょうか。

そこで、スープジャー弁当にちょうど良いサイズについて検証する前に、まずはどのメーカーのスープジャーが良いかについて「サーモス」「タイガー」「象印」のメーカー3社でそれぞれのスープジャーの特徴を比較して解説していきます。

サーモススープジャー

まずはサーモススープジャーの特徴です。

サーモスのスープジャーの特徴はその保温性の高さはもちろんのこと、フタの構造や大きさといった種類が豊富だということです。

種類が豊富なので自分にあったサイズや性能のスープジャーを見つけやすいという特徴があります。

タイガーのスープジャー

続いて、タイガーのスープジャーの特徴はお手入れのしやすさです。

タイガーのスープジャーは口径が広いので、中までスポンジを入れてしっかりとお手入れできるので衛生的です。

また、口径が広いので大きな具材をこぼさずに入れることができますし、取り出す場合も具材も取り出しやすく、最後まで残らず食べ切る事ができます。

象印のスープジャー

最後に象印のスープジャーの特徴はその保温性の高さです。

550mlのサイズの場合では、95℃の料理を入れて6時間置いても温度を67℃以上に保つことができます。

また、逆に4℃の冷たい飲みものを入れて6時間置いた場合でも9℃以下に保ち続けることができます。

3社のそれぞれに特徴がありますので、自分が保温性や利便性など何を重視するかによって選んでみてはいかがでしょうか。

オートミールをお弁当に!スープジャーのサイズはどのくらいがちょうどいい?

市販されているスープジャーの容量は250mlから500mlのサイズが主な大きさとなっています。

それぞれの大きさについてわかりやすく解説すると以下の様になります。

300mL以下のスープジャーは、お弁当のサイドメニューとして、コップ1杯程度のスープを飲みたいという方に向いています。

300mL以上400mL以下のスープジャーでは具だくさんスープを入れたい方に向いており、弁当のサイドメニューとして満足できる大きさとなっています。

400mL以上は、具材の大きなカレーやシチューなどのメインのおかずをたっぷり食べたいという方や、大勢でスープをシェアしたいという方に向いています。

ここではオートミールのスープジャー弁当を想定していますので、400mL程度のスープジャーであれば、お弁当としては十分なサイズとなるでしょう。

もちろん、食べる量には個人差がありますので、食べる量が少ない方は300mL、たくさん食べる方は500mLなどとご自分で調節されてみると良いでしょう。

また、スープジャーを選ぶときにもう一つ考慮すべき点は、持ち運びに適しているかということです。

大き過ぎてもかさばって荷物になってしまいますし、小さ過ぎてもお弁当として物足りなくなってしまいます。

なので、ご自身の食べる量と持ち運びのしやすさを考慮してスープジャーを選べば、ご自身にとってちょうど良いサイズのスープジャー弁当を作ることができるでしょう。

スープジャーは400mlくらいがベスト!?

オートミールのスープジャー弁当を作る際にベストとされるスープジャーのサイズは400mLとなっています。

その理由として、オートミールのスープジャー弁当のレシピの多くがオートミール30gに対して、具材、お湯を180mL入れると400mLのサイズのスープジャーがいっぱいになる分量だからということもあります。

しかし、具材が大きいものになると、フタが締まりにくくなってしまう場合がありますので、大きめの具材を入れたスープジャー弁当を食べたいという場合には500mLのスープジャーの方が良いという場合もあります。

500mLのスープジャーを使用すると、荷物が重くなってしまったり、かさばってしまったりすることもありますので、やはり食事の量や持ち運びのしやすさを考えると400mLのスープジャーを使用するのがベストと言えるでしょう。

ダイエット中でカロリーが気になるという方もいらっしゃると思いますが、400mLのスープジャーで作るオートミールのスープジャー弁当のカロリーは約300Kcalから500Kcalとなっていますので、400mLのスープジャー弁当は適量だと言えます。

もちろん、元々食事量が少ないという方や食事量が多いという方もいらっしゃるので、そのような方は300mLや500mLのスープジャーを使用するなど、ご自身の食事量に合わせたスープジャーを使用されるのが、一番ベストといえるのではないでしょうか。

まとめ

オートミールのスープジャー弁当を作るのにスープジャーのサイズはどのくらいが良いかについて検証しました。

オートミールで作るスープジャー弁当に適したサイズは400mLのスープジャーです。

しかし、食事量は個人差があります。中には少食な方やたくさん食べるという方もいらっしゃるので、ご自身の食事量に合わせたスープジャーを選ぶことがベストと言えます。

オートミールで作るスープジャー弁当に挑戦される方は、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました