豆苗の臭いを消す方法!臭みが気にならない美味しい食べ方レシピを紹介

食品

今回は、豆苗のが臭い時などの消す方法や臭みが気にならなく食べられるレシピを紹介します。

豆苗をスーパーなどで買って料理をするときにふと生臭い時もありますよね。

そんな時に生臭いとどんな料理をすれば生臭くなく食べられるのかどうすれば生臭さが取れるのか悩みますよね。

今回は簡単に生臭いのいを取る方法や豆苗の臭みが気にならなく食べられるレシピを紹介します。

臭みが気にならず食べられるレシピを知っておくと臭みがある時なんかにはとても役に立ちます。

なのでぜひ参考にしてみてください。

豆苗が生臭い!うまく消す方法

豆苗の生臭さを簡単に消す方法は、豆苗を下茹でして冷水に取ることで臭みが和らぎます。

豆苗の下茹で時間は約30秒くらいで良いと言われています。

さっと茹でて冷水にとることで臭みは和らぎます。

また、鍋でさっと茹でるのではなく電子レンジで加熱して流水でさっと洗うのも良いですが、この方法は豆苗自体栄養満点なのに冷水にとってしまうと栄養素が流れてしまいます。

これは鍋での下茹でも電子レンジでやる方法も同じことなので少しの臭みだったら調理方法によっては、臭みがなくなって食べやすくなるはずです。

調理方法での臭みを無くす方法はレシピで紹介します。

豆苗の臭みはその時その時豆苗によって違うので臭みがないときはそのまま調理しても問題ありません。

臭みを消す方法も知っておくと便利なので覚えておいてくださいね。

上記で書いた臭みを取る方法で鍋を使用したときは約30秒間茹でます。

この時電子レンジで加熱する場合は、1分30秒を目安にしてください。

臭みを取る目的ではない時にして茹でをしたい時には電子レンジがおすすめです。

なぜかと言うと、鍋で加熱してしまうとお湯に豆苗の栄養素が流れてしまいます。

その反対に電子レンジを使うと栄養素が流れていくことがないのでこの方法だとそのまま豆苗の栄養が保てると言うことになります。

臭みを取らないけど下処理で茹でたいと言う時には電子レンジでやると良いと言うことを覚えておいてくださいね。

他の野菜も同じことが言えます。

栄養価が豊富なものは鍋で茹でてしまうと鍋のお湯に野菜の栄養が流れ出てしまいます。

ですが、電子レンジで野菜などを加熱調理すると栄養価がそのまま野菜に残ると言われています。

なので私は基本的に栄養価が豊富なものや栄養面ではいいよと言われている食材などは電子レンジでの加熱調理をするようにしています。

もしかしたらほとんどの主婦さんがやってることかもしれませんが中には私みたいに料理をほとんどしないでって言う方もいると思います。

私も一切料理をちゃんとすることがなかったので電子レンジでの加熱調理がいいと言うのも料理初めて少し経った頃に知りました。

それまではやっぱり鍋を使ってやってました。

豆苗も栄養が豊富なのは知っていたんですが、電子レンジ加熱よりもサッと茹でるならという考えがあったので鍋でやってたんですけど…。

やっぱり栄養価はしっかり残して取り入れた方がいいなと思うので電子レンジ加熱調理をして臭みなども一緒にとることにします。

豆苗を育てる過程で臭い時の対処法

豆苗を育てている過程で臭いなと言う時があります。

育てている過程で臭いなんて言う時はカビが生えて臭くなっていることがほとんどです。

カビが生えて臭くなってしまったり、カビが生えていなくても臭い匂いがしてる時は捨ててしまって、新しい豆苗で、再生チャレンジをするといいですよ。

やっぱりそのまま育ててもそのカビが生えている部分だけ切り取ってしまえば使えなくはないのですが、やっぱり衛生的に考えると改めてチャレンジする方法がいいかなと思います。

見た目は何も無いのに臭いが気になる場合もあります。

その時は見えない根のあたりが腐っているから豆苗の再生をしてる時に臭さがあるので、その場合も諦めて新しいのでチャレンジしてください。

なんで臭みが出るんだろうと思う人もいると思います

カビは主に豆苗が傷んでる部分から起こります。

根の腐敗は、暑さや環境によって起こります。

そんな時にカビや臭みが生じない対処法があります。

  1. 水を入れすぎない
  2. 水をこまめに変える(夏場などは特に気を付けてください)
  3. 豆苗を栽培する場所の温度には注意する。(暑すぎてしまう場所なら場所を変える)
  4. 豆苗を再生栽培する時は、あらかじめ枯れている所や傷んでいるところを取り除く。

この4つに気をつけて豆苗の再生栽培をすれば臭いなんてことは防げるんじゃないかなと思います。

是非、豆苗を再生栽培する時には、この4つを気をつけて準備してみてください。

基本的に再生栽培を行うにあたって冷蔵庫に入れることはダメと言われていますが暑い季節出しっぱなしにして腐ってしまったなんてこともあると思います。

そんな夏の暑い時期には冷蔵庫に入れて日中3時間くらいは冷蔵庫から出して日光に当てるという方法もあるので夏に再生栽培する時には試して見てください。

豆苗を再生栽培をする時には2回までが限度と言われています。

3回目も育たなくは無いですが、栄養価が落ちてしまうので再生するのであれば2回を目安に行ってください。

豆苗の臭いが気にならない美味しいレシピを紹介

豆苗の臭いが気にならない美味しいく食べられるレシピを紹介します。

豆苗の臭みを押さえる方法は、ごま油などを使って炒めたりすると気にならないというふうに言われています。

他にもマヨネーズを使うと臭みが良くなるとも言われています。

このふたつを元にレシピを紹介します。

豆苗ツナマヨ和え

【材料】

  1. 豆苗:1袋
  2. ツナ: 1缶
  3. マヨネーズ:大さじ4
  4. めんつゆ:大さじ2
  5. ゴマ :大さじ3

【作り方】

  • 豆苗の根の部分を切って3等分にする。
  • 耐熱容器に入れて電子レンジで2分。
    電子レンジ後水分がでてたら水気をきる。
  • レンチンしてる間にツナマヨを作る
  • 豆苗とツナマヨを和えて完成
  • ごまも栄養価があるので一緒に食べるといいですよ。

結構簡単に作れるので他に何か欲しいなという時にはいいかもしれませんね。

豆苗ナムル

【材料】

  1. 豆苗 :1袋
  2. ほんだし: 小さじ1
  3. にんにく:チューブ 2cm
  4. ごま油 :大さじ1
  5. ごま :お好みで

【作り方】

  • 豆苗を4センチ幅に切って水でよく洗います。
  • 水気を切ったら耐熱容器に入れほんだしを入れます。
  • ラップをつけ電子レンジで2分加熱し調味料、にんにくチューブ、ごま油を入れ混ぜて完成です。

このレシピは電子レンジで簡単に作れるので楽ですよね。

ごま油を使ってるので豆苗の臭みもなくなり食べやすくなるのでおすすめです。

豆苗とツナのごま油炒め

【材料】

  1. 豆苗 :1袋
  2. 鶏がらスープの素: 小さじ1/2
  3. 醤油 :小さじ1
  4. ごま油 :大さじ1~2
  5. ツナ: 1缶

【作り方】

  • お鍋にお湯を沸かして豆苗を入れ、豆苗の色が変わるくらいで取り出し流水で洗い水気を切ります。
  • 熱したフライパンにごま油を入れて豆苗を入れます。
  • 豆苗全体にごま油が混ざったら鶏ガラの素を入れてツナを入れさらによく混ぜます。
  • ツナが混ざり醤油をひと回し入れて軽く混ぜたら出来上がりです。

こちらのレシピは下茹ですることによって豆苗の臭みを無くしてます。

それプラスごま油で炒めてるので、食べやすくなってます。

レシピ3つを紹介しました。

豆苗の臭みが気になるときにはぜひ試して見てくださいね。

まとめ

豆苗の臭みを消す方法、栽培過程での臭みの対処法、臭みがある時の食べやすいレシピを紹介しました。

再生栽培に関しては上記でも言いましたが2回を目安に豆苗の再生栽培を行ってください。

三回目に行ってしまうと栄養価が落ちてしまうので2回で豆苗の根は捨てちゃいましょう。

他にも豆苗の臭みがある時に臭みを気にせず食べる方法もあります。

主にごま油やマヨネーズなどが臭みがあっても気にならないで食べられると言われているのでぜひ上記のレシピを参考にしてみてください。

再生栽培も正しいやり方でおこなえば成功するので紹介した4つの方法は覚えておいてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました