入浴剤をプレゼントすることは失礼? どんな意味があるのか検証してみた!

美容

入浴剤を誰かにプレゼントしたことありますか?

入浴剤はとても実用的です。

置き場所に困るものでも消費期限があるものでもないので、プレゼントには最適ですよね。

とは言え、入浴剤のプレゼントは失礼なのでしょうか。

入浴剤からお風呂、裸をイメージしてしまうせいか、失礼なのではと考える人もいるかもしれませんね。

一般的には特に失礼なことではないようです。

入浴剤のプレゼントは、万人受けするものではありますがあまり好きではない香りだった場合は、失礼になってしまうことはあるかも。

入浴剤のプレゼントには何か意味があるのでしょうか。

これも一般的には特に意味は無いようです。

今回は入浴剤をプレゼントすることについて検証しました!

入浴剤を男性にプレゼントする意味について!特別な意味はあるの?

男性に入浴剤をプレゼント。

そこに特別な意味はあるのでしょうか。

一般的には特に無いと言われています。

日本人は毎日のように、特に冬は、お湯に浸かる人が多いと思います。

入浴剤を入れる人も少なくはないでしょう。

普段の生活で使うごく一般的な物と言えるので、特に意味は無いのではないでしょうか。

好きな香りが漂う中でゆっくりとお湯に浸かると、リラックスできますよね。

入浴剤を贈る意味としては、男女を問わずバスタイムを楽しんでほしいというのが一般的かと思います。

気をつけないといけないのは、プレゼントする相手の体質です。

例えば、体臭が人よりきついかも、という人にプレゼントしたら、どうでしょう。

「臭いから風呂に入れという意味か?」とか「私って臭いと思われてるの?」などネガティブに捉えられてしまうかもしれません。

ごく親しい同性・異性の友人であれば、入浴剤のプレゼントに問題があるとは考えにくいですね。

会社などで男性上司・先輩が女性の部下や後輩にプレゼントしたらどうでしょう。

特に意味がなかったとしても、「これはどういう意味?」と深読みされる可能性はないとは言えません。

異性にプレゼントする場合、相手の立場に注意が必要だと思われます。

気になる異性にプレゼントしたら、特別な意味はあると言えるでしょう。

親しくなりたい、自分に振り向いてほしい、などの気持ちがあることがほとんどかと。

男性に入浴剤をプレゼントしても、一般的には特に意味はありませんし失礼でもありません。

プレゼントしたい人の気持ちによって、意味は変わってくるのではないでしょうか。

彼氏や夫、父親などの誕生日にプレゼントするのはおしゃれですし、喜ばれると思います。

好みの香りであれば、なお喜ばれるでしょう。

男性の友人であっても、ちょっとしたプレゼントによいのでは?

渡す前には好みの香りの調査を忘れずに!

誰にでも好まれる香りでもあり、無難なのは柑橘系の香り。

入浴剤をプレゼントする意味は、バスタイムを楽しんでほしいリラックスしてほしい、という気持ちが一般的だと思われます。

香りが神経をリラックスさせることは多くの人が知っていると思われます。

温泉の香りであれば温泉へ行った気にもなれます。

このご時世、以前のようにあちこち行くことも難しいので、温泉巡りができるような入浴剤であれば、男女問わず好まれると思います。

入浴剤は人や性別を選ばない実用的なプレゼントと言えますね。

入浴剤をもらっても困る、とか気持ち悪いなどと思う人がいるのも事実のようです。

でも数にしたら少ないのではないでしょうか。

香水をプレゼントする意味について検証!同性、異性へ贈る場合の違いは?

香水をプレゼントするというのは、入浴剤よりも特別な気持ちが入っているかもしれません。

男性でも女性でも、異性に香水をプレゼントする意味は、独占欲からくるという説もあるようです。

女性が同性にプレゼントする場合、相手の好みを知っているか、ブランドと商品を指定されている可能性が高い気がします。

女性は香りに好き嫌いがある人が多いので、何も考えずに香水をプレゼントすることは少ないのではないでしょうか。

女性同士で香水をプレゼントする機会がたくさんあるのかどうか、気になるところです。

個人的にはそのような話は聞いたことがないので、興味がありますね。

異性に贈る場合は、やはり下心(?)があるのが一般的かもしれません。

「自分の好きな香りを身につけてほしい」ということは、「その香りをつけることで自分のことを思い出してほしい」という心理に繋がるからです。

異性にプレゼントをする場合でも、自分の好みではなくて相手の好きな香りのものを贈った方が喜ばれる確率は高いと思われます。

気をつけないといけないのは、贈る相手の体質です。

特に香水の場合、アルコールや香りの成分などがアレルギーを引き起こすことがありますので、贈る前に調べておいた方がよいでしょう。

入浴剤をプレゼントしたい!男性はどの入浴剤が好き?

男性はどんな入浴剤が好きなのでしょうか。

好みは人それぞれなので、贈る相手に直接質問するのもいいでしょう。

それではつまらない、というのであれば柑橘系はいかがですか。

柑橘系の香りは性別を問わず万人受けする香りの一つだと思います。

特に香りは問わない、という人であれば効能別に選ぶという方法も。

いつも忙しい人にリラックスしてほしい場合、寒色系の入浴剤を選びましょう。

昂った気持ちを落ち着かせる効果がありますよ。

ストレス解消効果が期待できるラベンダーやティーツリーなどの柑橘系がいいですね。

良い睡眠を取るためにはネロリ、サンダルウッド、ベルガモットなど。

寝る前にこれらの香りのお湯にゆっくりと浸かることで、ぐっすり眠れる効果が期待できます。

ダイエット中という人には発汗作用があると言われる、生姜や唐辛子、炭酸の入浴剤。

生姜や唐辛子を食べると、体がぽかぽかしてくることは誰でも経験ありますよね。

同じように、入浴剤にもこの効果はあるようです。

炭酸の入浴剤はお湯に入れるとシュワシュワします。

お湯に浸かっている間、このシュワシュワが肌に触れることで毛細血管がマッサージされるのと同じ効果があるのだとか。

結果として、血行促進効果が期待できるのだそうです。

男性に贈るからと言って、おしゃれな入浴剤は喜ばれないかも、ということもなさそうです。

Lushというお店だと男性の店員もいるそうです。

どうしても決められない時は、男性の店員にアドバイスをもらうというのも手です。

まとめ

男性に入浴剤をプレゼントすることに特別な意味はありませんし、失礼にも当たらないことをご紹介しました。

男性に香りのものを贈ることはなかなか難しいと思います。

保守的な人が多いですから、自分の好みではない物だとそのまま放置の可能性が高いです。

年配者だと香水に抵抗がある人も。

男性の場合、香水の匂いを嫌う人も多いです。

プレゼントとしてはハードルが高そうです。

その点、入浴剤は香りの好みさえ押さえておけば誰でも使える物です。

値段もお手頃なので気軽にプレゼントできます。

プレゼントされた意味を深読みされることもまずないでしょう。

消耗品の方が贈られた方も気が楽です。

消費期限などもないので気を遣わせることもありません。

父親などの年配者に贈る場合でも入浴剤は喜ばれると思います。

異性にプレゼントするには、一番無難な物ではないでしょうか。

香水を贈りたいのであれば、相手の年代や好みの香り、普段から香水を使っている人であればブランド名とその商品の名前などを知っておいた方が得策です。

入浴剤はそこまで知らなくても、色々な温泉の香りや効能が入ったものなどは好んで使ってもらえると思います。

これは、と思えるものがあったら、気軽に贈ってみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました