爪を早く伸ばす方法が知りたい!中学生でもできるコツを3つ紹介

美容

爪の長さや形は人それぞれで違います。

細長くキレイなピンク色の爪に憧れますよね。

爪の形が良いとネイル映えもするし、何より目を惹きつけます。

おしゃれな人ほど、爪先まで気を付けているものです。

でも「元々の形が悪いから。」と爪のケアを諦めている人も多いのではないでしょうか。

確かに、爪が弱い人や割れやすい人はいます。

しかし、爪のケアを毎日していると自然とキレイな爪になっていきます。

ケアをすることで爪の伸びも良くなり、形も変わってくるのですよ。

今回は爪を早く伸ばす方法として「食事・睡眠・爪のケア」についてご紹介していきます。

爪を早く伸ばすのと食べ物は関係ある?

「ネイルを楽しむため。」「キレイな形にするため。」早く爪を伸ばしたいと思う人もいますよね。

爪を早く伸ばすためには、毎日の食事はとても重要です。

爪は皮膚の一部が角質化したものです。

ケラチンというタンパク質が変化したものなのですよ。

爪は体の一部なので毎日の食事から摂る栄養素が偏ると、割れたり色が悪くなったりします。

ダイエットで食事を抜いた生活をしていると、爪の健康状態も悪くなります。

タンパク質やビタミン、鉄分やミネラルとしっかりと栄養を摂ることが、爪の伸びや色、丈夫さに影響します。

爪は髪の毛に比べて伸びるスピードがとても遅いです。

まして、栄養が行き届かない状態では伸びも悪く、爪の形や色も悪くなります。

丈夫でキレイなピンク色の爪になるためにも、毎日の食事に気を付けなければいけませんね。

キレイな爪になるために必要な栄養素とは?

健康的な爪になるためには、栄養をしっかりと摂ることが大切です。

では、健康な爪になるための必要な栄養素とは何があるのでしょうか?

タンパク質

爪は皮膚の一部であり、タンパク質は爪の主成分とも言われています。

爪だけではなく、髪の毛や肌にとっても大事な栄養です。

タンパク質を摂る方法は、主に肉類や魚類、大豆製品などがありますね。

どれも毎日食べている人が多いと思います。

大切な主成分なので、欠かさず食べるようにしましょう。

ビタミン

ビタミンにはいろいろな種類があります。

ビタミンA、B2、E、B6などありますが、どれも爪にとって大事な栄養素です。

皮膚の粘膜でケラチンを作るもの、粘膜を丈夫に保つもの、血行を促しツヤを保つためと、どの栄養素もかかせません。

ビタミンを摂る方法は、鶏・豚・牛のレバーや乳製品、卵や鰻、海藻類、菜種油などがあります。

こちらも普段から食べているものばかりですね。

鉄分

鉄分は爪の健康状態を保つためにかかせない栄養素です。

鉄分が不足すると貧血を起こしたり、注意力不足に陥ります。

鉄分は意識して摂取しないと、なかなか摂るのが難しいかもしれません。

鉄分が含まれている食材は、煮干し、鶏・豚・牛のレバーなどです。

あとは、サプリメントで補う方法もありますね。

水分

乾燥は爪のトラブルになります。

体の内側から水分を補給するように心がけましょう。

目安は一日2リットルと言われています。

最初は意識しないと飲めませんが、習慣化すれば意識しなくても一日2リットル以上の水分補給ができるようになります。

爪は皮膚の一部であり、毎日の食事から摂る栄養素で作られています。

バランスの良い食事を心がけることが大切であり、爪を早く伸ばす近道でもありますよ。

爪を早く伸ばすのと睡眠の関係は?

爪は皮膚の一部であり、体の健康状態が良くないと伸びも悪いです。

体の健康を保つためには質の良い睡眠は非常に大切です。

睡眠不足は爪だけでなく、体や内臓機能全体の健康状態にも影響を及ぼします。

また、睡眠不足は肌のや髪の毛の調子も悪くなりますね。

睡眠不足は注意力低下も引き起こすので、事故や怪我をする恐れもあります。

爪に縦線や横線が目立つようであれば、睡眠不足のサインでもあります。

睡眠時間や生活習慣を見直した方がいいですよ。

ゴールデンタイムに睡眠する

質の良い睡眠はゴールデンタイムだと言われています。

このゴールデンタイムとは、午後10時から午前2時の4時間を指します。

この時間帯に睡眠をとると、成長ホルモンの分泌が活発になり爪の成長も促進されます。

寝る直前にお風呂で温まれば、より質の良い睡眠がとれるようになりますよ。

寝る前はスマホを見ない

寝る直前までスマホを見ている人も多いと思います。

しかし、寝る前にスマホやパソコンを見ていると、ブルーライトの影響で眠りが浅くなります。

これでは質の良い睡眠はとれません。

眠りが浅いと疲れがとれず体調不良を起こします。

体調不良は爪や髪の毛、肌にも影響します。

寝室やベッドサイド明かりも、間接照明など少し暗い感じの落ち着く明かりにしましょう。

爪の成長に睡眠は深く関わっています。

しっかりとした質の良い睡眠がとれないと、爪も伸びず不調のサインが表れますよ。

キレイな爪になるためにも、睡眠など生活習慣を見直し改善できることから直していきましょう。

爪を早く伸ばす方法が知りたい!中学生でもできるケアって?

爪も肌や髪の毛と同じで、ケアを毎日行えば健康的でキレイな爪になります。

爪の健康状態が良ければ、伸びるのも早くなりますね。

爪のケアは難しいものではありません。

爪も皮膚の一部なので、血行を促し新陳代謝を上げればキレイなピンク色になります。

ハンドクリームを塗る

ハンドクリームには保湿効果があります。

爪は乾燥すると割れや二枚爪になりやすくなります。

手の甲だけでなく、爪の先までしっかりとハンドクリームを塗ってケアをしてくださいね。

指の根元から指先に向かって軽く引っ張るようにしながら塗ると、血行を促し冷えも改善されます。

マッサージをする

爪の付け根には爪母(そうぼ)というツボがあります。

血行を良くして、爪を生成する爪母を刺激することによって、爪の成長を促します。

爪母を10秒くらい軽く押さえるだけでOKです。

一日3セットずつが目安で、爪のマッサージを行ってみてください。

甘皮を処理する

甘皮とは、爪が伸びる際に一緒に出てくる皮のことです。

甘皮が伸びていると、爪が短く見えて汚い印象を与えます。

また、爪に栄養が届きにくかったり、マニキュアがきれいに塗れなかったりします。

爪を伸ばすためには定期的に甘皮処理をした方がいいですね。

処理の方法は簡単です。

  1. 甘皮部分にハンドクリームを塗る
  2. お湯で甘皮をふやかす
  3. 麺棒で優しく甘皮を押し上げて拭き取る

甘皮を処理しただけで、爪が長くなったように感じますよ。

また、見た目もキレイになります。

ただし、甘皮処理のやりすぎには注意してください。

爪の皮が剥がれて出血したり、炎症を起こしたりします。

2週間に1度くらいのペースで甘皮処理は行いましょう。

ネイルオイルを塗る

ネイルオイルは爪や爪の根元を乾燥から守り、保湿してくれるオイルのことです。

新しい爪が伸びてくる時に、水分・油分・保湿力が足りないと爪のトラブルになります。

  • 爪の根元がささくれ立つ
  • 爪が割れる、二枚爪になる
  • 爪に縦線や横線が出る

上記の様な症状もネイルオイルを塗ると改善されますよ。

塗るタイミングはいつでも大丈夫です。

何回塗っても平気なので、気になったらネイルオイルを塗って爪を保護してください。

爪を早く伸ばすためには、健康にきをつける必要があります。

しかし、健康に気を付けていても爪に良くないことをしていては、

いつまで経っても丈夫でキレイな爪にはなりません。

気を付けること:爪切りを使う

爪が伸びてきたら爪切りを使って切る人が多いと思います。

しかし、爪切りは爪を切る際に圧をかけてカットしています。

爪を切る度に圧がかかっていると、次第に爪が弱くなり割れやすくなったり、二枚爪になったりします。

できるだけ爪は切るのではなく、削るほうがいいです。

爪やすりで削れば爪への負担もなく、爪が弱くなりません。

どうしても爪切りが良い場合は、お風呂上りなど爪が柔らかくなっている状態で切るようにしましょう。

そして、爪を切ったあとは必ず保湿をしてくださいね。

気を付けること:爪を噛む

ストレスや癖で爪を噛んでしまう人がいますが、爪を噛む行為はしない方がいいです。

  • 爪の形が変形する
  • 表面がぼろぼろになる
  • 深爪になる
  • ささくれができやすくなる

爪を噛むことで出血を起こし、細菌が入り炎症を起こすこともあります。

爪を噛む行為は、できればすぐに止めた方がいいですね。

爪のケアは難しいものではなく、すぐに始められます。

毎日ケアをするようになれば爪の健康状頼も良くなり、伸びも早くなりますよ。

まとめ

  • 爪を早く伸ばすには栄養バランスのとれた食事が大事
  • 健やかな爪でいるためには質の良い睡眠をとる
  • 爪のケアは血行を促し、新陳代謝を上げることが大切
  • 爪切りや爪を噛む癖はなるべく避けた方がいい

爪を伸ばすためには、健康に気を使うことが大事です。

栄養バランスの摂れた食事や質のいい睡眠、毎日のケアがあれば、爪は健康になり伸びやすくなります。

また、血行を促し新陳代謝を上げることも重要です。

爪は皮膚の一部であるので、体全体が健康でなければキレイで丈夫な爪にはなりません。

爪伸ばすためにも生活習慣の見直しを始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました