スポンサーリンク

アイスの棒は100均ダイソー・セリア・キャンドゥに売っている?ホームセンターや他の店舗も探してみた

100均

暑すぎる夏をちょっとでも快適にしてくれるのがアイスキャンディー。

でも毎度お店で購入するとなるとかなりの出費です。

それに市販品って中にどんなものが入ってるか分からないからこそ、小さなお子さんに日々食べさせることに抵抗感を感じる方だっているでしょう。

アイスの棒さえ買って来れば、手作りすることだって可能ですよ。

好きな味が作れて自由自在です。

アイスの棒って木材として工作にも使えます。

シンプルな素材ゆえにインテリアにも活用できそう。

子供さんの夏休みの作品作りにもいいですし、おしゃれなインテリア小物を作ったりもできます。

もちろん食べ終わったアイスキャンデーの棒をきれいに洗って、乾かして・・というのもエコでいいのですが、やはり抵抗のある方もいるかもしれません。

なので通販だと大量のアイスの棒が売っています!

 

\\工作でたくさん使う方におすすめ!!//

↑↑アイスの棒はこちら↑↑

 

そもそもアイスの棒は、通販では売っていますが店舗などで気軽に手にすることができるのか調べてみました。

スポンサーリンク

アイスの棒はダイソーやセリアなど100均ショップに売っている?

安くて手軽、しかも最近はアイテム数がかなりの数となっていて安かろう悪かろうでもない100円ショップは現代人にとって欠かすことのできないお店となってるのではないでしょうか。

ちゃんとアイスの棒だって100均ショップに売られてるようですよ。

「アイスの棒が欲しい」なんて大の大人が店員さんに言うのは恥ずかしいという方、「木製スティック」という商品名が付いているのでそれで尋ねてみてください。

アイスの棒だから一番の目的となるのはやはりアイス作りです。

キッチンとか調理器具のコーナー、お菓子作り関連の道具のあるコーナーを探してみてください。

コーヒーのマドラーとしてもピッタリの木製スティック。

「コーヒーマドラー」ってことでコーヒー関連コーナーにある場合もあります。

クッキー型とかのコーナーにあったけれどサイズがいまいちなんて時には、次はコーヒーコーナーを。

一か所であきらめずいくつかのコーナーを回ってみた方が良いのかもしれません。

木製スティックだと1度使ったら使い捨て。

エコの面からみてちょっとってことなら、アイスキャンディー専用のプラスティック製のアイスキャンディーメーカーだって売られてたりします。

やはり100均、なんでも揃うのです。

木製スティックのお値段ですが、ダイソーでは60本入り110円、セリアは50本入り110円でした。

サイズも違うので希望に合うものを選んでください。

後はジュースがあれば良いだけ。

市販のアイスキャンディーを買うよりかなりの節約となることは間違いありません。

アイスの棒はホームセンターに売っている?

アイスの棒ですが、ホームセンターにもあります。

DIYがブームとなりむしろホームセンターの方が訪れる機会が多いって方もいらっしゃるはず。

それならホームセンターにて探してみることです。

木製スティックという名で店員さんに伝えてもきっと分かってもらえることでしょうが、ホームセンターではむしろ「キャンディー棒」「アイススティック棒」といった商品名が使われていました。

やはりキッチンコーナーに置かれています。

それぞれのホームセンターごとに名称も違えば商品価格もさまざま。

ただ100円ショップで買うよりも1.5倍以上はかかることとなるみたいです。

とにかく安くアイスの棒を手に入れたいという方には向いているとは言えません。

それだけ品質が良いのでしょうか。

その辺りまではパッケージを見ても情報はなく分かりませんでした。

ホームセンターでは工作コーナーにも置かれていたりします。

すでに同じ形に加工されており、端の部分も丸くなっているのでささくれが突き刺さったりといった危険もなし。

お子さんの夏休みの自由研究にもピッタリです。

場合によっては大量に必要となる場合もあるでしょうが、100円ショップよりもホームセンターの方が大容量で売られているというのは利点でしょうか。

すでにキットとなっているものを選べば、より手軽にDIYができます。

工作用コーナーにあるアイスの棒をアイスに利用するのは止めておいた方がよさそう。

形状はおなじですが、食品衛生法に適合していないこともあります。

アイスの棒は100均ショップやホームセンター以外に売ってる場所ある?

アイスの棒は、「アイス」とある以上は夏場にこそ需要が高まります。

ホームセンターだって、「夏休みのお子さんの自由工作にどうぞ」といった感じで売り出しているはずです。

ってことで、冬場は他の冬物アイテムに圧迫されて消えてしまっている可能性は高いのです。

わざわざお店まで行ってなかったらショックですよね。

冬だっておうちにこもっているからこそDIYがやってみたくなることもあり。

バレンタインのプレゼントに棒付きキャンディーならぬ棒付きチョコレートってのもかわいらしい。

なのに冬だからといった理由であきらめなければならないのでしょうか。

そんなことはありません。

100均とかよりもっとさまざまなアイテムが売られているのがインターネットで探してみませんか。

もしかしたら100円ショップよりも安く手に入ったり、自分が望んでいるベストサイズの棒が見つかるかもしれません。

売り切れていたといった可能性が低く、大量に買うことができる。

アイスの棒を何百本もって、大人としてはちょっと恥ずかしかったりもしますもんね。

ついでに、アイスの棒同士をくっつけるためのグルーガンとか木製ボンド、ペイントグッズだって手に入ります。

インターネットで探してみる。

忙しい現代人だからこその買い方です。

ぜひお試しください。

大量に買ったものの余らせてしまったと売り出している方もいるので、メルカリとかネットオークションもねらい目となります。

まとめ

アイスの棒、さまざまな名称で100円ショップ、ホームセンター、インターネットとさまざまな場所で売られています。

きっと好みの長さや太さの棒が見つかることでしょう。

料理に使うもよし、工作に使うもよし。

ただし工作用に売られているものを料理に使うのは止めておいてください。

アイスキャンディーは小さなお子さんが口に入れ、舐めることとなるのですから出来る限り安全なものを利用することです。

節約のためにと購入し、大きなトラブルに巻き込まれるのは嫌でしょう。

通販だと大量のアイスの棒が売っています!

 

\\工作でたくさん使う方におすすめ!!//

↑↑アイスの棒はこちら↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました