アロマスティックが匂わない時の替え時は?種類ごとにベストな交換時期を調査

生活関連

フレグランススティックは、棒状のスティックと液状のアロマオイルが付いているのが特徴です。

芳香剤の中でも比較的寿命が長く、デザイン性に優れているので幅広い年代に人気があります。

フレグランススティックの匂いが弱くなったら、スティックが劣化して汚れが目立っていることが多いです。

汚れが目立ってくると見た目の印象が良くないので、交換をするのに適している時期です。

新しいスティックに交換をすることで、アロマオイルを吸収しやすくなり、優しい香りが玄関やリビングに広がるのでお勧めします。

フレグランススティックは、人気のメーカーの商品は豊富な香りが揃っており、長持ちするので人気が高いです。

フレグランススティックは、匂いがしなくなったら定期的な交換が必要になります。

フレグランススティックの替え時は〇〇に注目

フレグランススティックは、デザイン性に優れているので、リビングや玄関のインテリアとよく調和します。

フレグランススティックは、電源や火などが必要なく、自然な優しい香りが特徴なので幅広い年代に人気があります。

フレグランススティックは、空気が乾燥している時期は半年程度、湿気が多い時期は1年ぐらい匂いが持ちますが、スティックが劣化してくると匂いがあまりしなくなることが多いです。

スティックは古くなってくると汚れが目立ってきたり、オイルが詰まってあまり匂いがしなくなるので、定期的に交換が必要になります。

スティックの汚れが目立ってくると、見た目が良くないので交換をするのに適しています。

フレグランススティックは、新しいスティックと交換するとアロマオイルを吸いやすくなり、ふんわりと優しい香りがするので便利です。

玄関やリビングなどに設置しておくと、優しい香りがするので癒し効果があります。

フレグランススティックは、比較的寿命が長いですが、取り扱い説明書に期限が書いてあるので定期的な交換が必要です。

人間の鼻は匂いに慣れてくると嗅覚が鈍感になるので、実際に香りはしているのに、感じにくくなることが多いです。

玄関の靴や皮脂、汗などの臭い、ペットの臭い、調理などの生活臭などが強いと、フレグランススティックの匂いがあまりしないと感じることがあります。

日頃から家を清潔に保ち、フレグラススティックを定期的に交換することで優しい香りが持続するので試してみると良いでしょう。

芳香剤スティックが匂わない…替え時?対処法はある?

ランドリンのディフューザーは、スティックと液状のアロマオイルが付いているので、電源や火を使わなくても自然な優しい香りが持続するのが特徴です。

ランドリンのディフューザーは、比較的寿命が長く長持ちしますが、ランドリンのディフューザーがあまり匂いがしないので悩んでいる人が少なくありません。

ランドリンのディフューザーの匂いが弱くなった時は、スティックが劣化してアロマオイルを吸わなくなっている可能性が高いです。

ランドリンのディフューザーの匂いがしない時は、交換をするのに適した時期なので、スティックを交換することでアロマオイルを吸いやすくなり、優しい香りが玄関やリビングに充満しやすくなります。

人間の鼻は強い匂いに慣れてしまうと嗅覚が鈍くなるので、ランドリンのディフューザーを買ったばかりなのにあまり匂いがしないと感じることが多いです。

実際には香りはしているけれど、自分の嗅覚が鈍くなっているので感じにくいことがあります。

ランドリンのディフューザーは、半年から1年ぐらいは効果が持続しますが、香りが弱くなったらスティックを交換するのがお勧めです。

芳香剤は消耗品なので定期的に買い替えや交換が必要なので、取り扱い説明書にきちんと目を通しておくと良いでしょう。

ランドリンのディフューザーが匂わない!交換時期はどのくらい?

ランドリンのディフューザーは、半年から1年ぐらいは効果が持続しますが、香りが弱くなったらスティックを交換するのがお勧めです。

玄関やリビングなどは生活臭やペット臭、体の臭いがしやすい部位なので、拭き掃除をこまめにしてから、ランドリンのディフューザーを設置すると匂いがしやすくなります。

ランドリンのディフューザーの匂いがしなくなったら、そろそろ交換すると良いでしょう。

まとめ

フレグランススティックは、電源や火を使用せずに使うことができるので、安全性に優れているのが特徴です。

ペットや子供、高齢者のいるご家庭でも、安全性に優れているので定着した人気があります。

フレグランススティックは、スティックが劣化してくるとオイルをあまり吸わなくなるので、匂いがあまりしないと感じることが多いです。

フレグランススティックは、スティックが劣化すると汚れが目立ってくるので交換するのに適した時期と言えるでしょう。

スプレータイプ、設置タイプに比べると寿命は長いですが、半年から1年を過ぎると匂いがあまりしなくなるので交換すると良いでしょう。

人間の嗅覚は強い匂いに慣れてくると鈍感になるので、実際に香りはしていても感じにくくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました