プラスチックの黄ばみはオキシクリーンが一番?オキシドールとキッチンハイターで比較してみた

クリーニング

プラスチックの黄ばみを落とす方法ですが、オキシクリーンとキッチンハイターがあり、オキシクリーンは外国の漂白剤になるので入手については、インターネット通販とか、東急ハンズのような大型のショッピングセンターであれば入手できるでしょう。

また、日本版オキシクリーンを購入するという手法でも対応可能です。

よって、どちらが良いかという面においては、プラスチックの黄ばみの種類を見て判断する必要があり、黄ばみの原因がプラスチック樹脂の劣化である場合、キッチンハイターとかワイドハイターという洗剤のほうが黄ばみを落とすパワーが強く、オキシクリーンについては、どちらかというと、表面の汚れとか皮脂汚れを分解することでプラスチックに付着した皮脂を取り除き綺麗にするというのがオキシクリーンになるので使い分けをするということを前提にお話をしていきます。

お風呂のプラスチックに染み付いた黄ばみ!オキシクリーンで消える?

お風呂場のプラスチックの黄ばみの場合、皮脂汚れによる変色であればオキシクリーンで十分に黄ばみを落とすことが可能です。

ただし、オキシクリーンは内部の汚れに浸透するまで時間を有するので、最低でも20分間はオキシクリーンにつけ置く必要があります。

お風呂場の場合、かなり強力な酵素系の漂白剤を使うという手段もあり、業務用の酵素系漂白剤ワイドハイターEXパワーの粉末タイプというのを使用するという手段もあります。

オキシクリーンは、粉末のタイプの漂白剤なので濃度を調製すれば、ワイドハイターの液体タイプよりも濃度が濃いんですが、黄ばみの原因が劣化の場合不得意になります。

なので、業務用のワイドハイターEXを使用するという方法が最も望ましい方法です。

これであれば、たとえお風呂場の樹脂が単なる皮脂の汚れで変色していようと、経年劣化であろうと化学変化で対応して黄ばみを取り去ることが可能です。

なので、オキシクリーンでも消えるかどうかについては、消えますが、濃度が重要でかつ、経年劣化については、ワイドハイターEXシリーズが酵素のパワーで劣化したものを復元するので、ワイドハイターEXの業務用を使用するというのが最も望ましいでしょう。

ワイドハイターの業務用の利点は濃度を調整可能な点で、キッチンハイターは残念ながらキッチン周りを安全に漂白消毒するため、業務用でも濃度が薄いので、出来るだけ濃い濃度である、ワイドハイターEXの業務用が望ましいです。

プラスチックの黄ばみはオキシドールで消せる?

プラスチックの黄ばみはオキシドールで消せるかですが、皮脂汚れとか、単なる汚れであれば十分に消せますが、濃度次第である点、経年劣化の場合、あまり効果がないので、経年劣化で変色したプラスチックはワイドハイターEXの業務用のほうが効果的でしょう。

と言いますのも、ワイドハイターの業務用は、スーパーファミコンというゲーム機の経年劣化の変色を変換する薬剤として使用された実績がありまして、効果が実証済みです。

もっとも酵素が働くのがワイドハイターは40度でオキシクリーンも同様に40度で活性化します。

なお、オキシドールの場合、濃度がものすごく濃いので、普通に物体を吹き上げるだけで十分に汚れを分解していきますが、汚れを浮き上がらせる効果は低いので酵素系のオキシクリーンとかワイドハイターと比べると経年劣化のプラスチックを元通りにしようという力はないです。

なぜなら、浸透力がないがゆえ、浸透力を持たせる十三のような成分を後から追加しないと効果を示さないというわけです。

ものすごく汚く汚れている場合、オキシドールはお勧めですが、注意すべく点は、オキシドールは濃度が濃いのでつけおくという方法はできず、かつ量も少ないのでシップのように使用するのが望ましい使い方です。

汚れを浮き上がらせようと思うのであれば、オキシドールに重曹を入れた薬剤を使用してつけおきやシップをするのがよく、炭酸成分が浸透して汚れを浮き上がらせるというようにしない限りは、オキシドールは汚れとか、経年劣化を復元するだけの十分なパワーを示さないです。

プラスチックの黄ばみにキッチンハイター効果あり?

プラスチックの黄ばみにキッチンハイターは効果的なんですが、濃度という面においては衣服に使用する物の方が濃度が濃いので、ワイドハイターEXシリーズのほうがおそらく効果が強く、かつワイドハイターEXシリーズの業務用の粉タイプの製品のほうが最も効果的です。

粉タイプの利点は水に溶かして濃度調整をするという点なので、濃度を高めれば分解力も高まりますし、酵素の力でプラスチックの変色を元に戻してあげようというパワーも強くなります。

問題においては、プラスチックにダメージが入るかもしれないという点です。

濃度が強すぎるがゆえ、プラスチックの油分を完全に破壊してしまい、プラスチックがさらに劣化するという問題が挙げらえます。

なぜなら、ワイドハイターにキッチンハイターはアルカリ性の物質なので、プラスチックの油分を分解することで表面にダメージを与えてしまうがゆえ、プラスチックが形を維持できなくなる問題も孕んでいるのです。

しかし濃度が上がれば、汚れを浮かしたり分解するパワーも上がるので、これについてはジレンマに陥り、どの濃度であれば安全であるかについては、何回も実験をする必要があるのです。

だから、スーパーファミコンをきれいにする方法でワイドハイターを使用して酵素のパワーで汚れを落とす場合、実験と称してどうでもよいプラスチックの汚れを取り去ってからゲーム機のプラスチックの汚れを落とすのは、プラスチックを傷めないためになります。

まとめ

プラスチックの汚れを落とすことについてはワイドハイターがおすすめで業務用が特にお勧めです。

なぜなら濃度を自分で調整すれば酵素のパワーを高めることができ、漂白とか、プラスチックが元のカラーリングに戻ろうとする復元効果を高めることができるのでお勧めの薬剤です。

ただし、粉タイプの酵素系の洗剤はデメリットもあり、効果を強くしすぎるとプラスチックの油分を完全に分解するのでプラスチックが形を維持する油を完全に取ってしまうので、プラスチックが脆くなるという問題も抱えるのでこればっかりはどうでもよいプラスチックを生贄にして練習するとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました