服の色落ちを修復する方法!自宅やクリーニング店でできる修復法を紹介

クリーニング

赤や黒、ピンクに青と服の色は無限大ですが、これって染色して布地に色を付けているのです。

場合によっては色落ちすることもあります。

お気に入りの服の色が落ちたり色移りしてしまったら、ショックですよね。

でも大丈夫です。

クリーニング店はもちろんご自宅でも修復することはできるみたいですよ。

やり方は決してむずかしくはありません。

ぜひその方法について、詳しく見ていくことにしましょう。

気に入ってた一着がもう一度復活してくれたらいいですね。

ペンとか漂白剤、ハイターを使うとか、自宅にあったり無くても手軽に買えそうなアイテムばかり。

ハードルは決してそれほど高くはなさそうですが、その実力のほどはどんなものなのでしょうか。

服の色落ちを修復する方法!ペンで修復はできる?

ペンはペンでも、染色ペンというのを選んでください。

水性ペンだと、洗濯したら水に色が溶け出してしまってまた元通りの色落ち状態ですよ。

染色ペンはネット通販はもちろん、手芸センターとか大型スーパーとかで見つかります。

最近は100円ショップにもあるみたいで、決して高すぎるわけでもなさそうです。

布専用となったペンで、色落ちしてしまった場所に塗るだけです。

ちょっとの色落ち程度なら、ほとんど元通りになるそうです。

当然のことながら、元々の色と同じ色味の染色ペンをご購入ください。

小さな箇所だと、ほぼ同じ色を選べば目立ちません。

ただ広範囲にわたって違った色を塗るとなると、ムラもできるし違和感は出てくるかもしれません。

10色セットで2000円くらい。

100円ショップだと1本100円で見つかるでしょうか。

もしもに備えて何色も揃えておくもよし、必要な色のみを購入するもよし。

どちらでも大丈夫です。

耐水性に優れているため、洗濯してまた色落ちするといったことはありません。

黒いTシャツの一部とか、服の赤い部分がちょこっと色落ちしているってなら、油性ペンで塗るというやり方だってあります。

油性ペンなら水洗いしても落ちることはありませんね。

とにかく、ちょうど良い色味で水性ではなく水に溶けないタイプのペンを持っているのであれば、それで色落ちした部分を塗ってやるだけで修正は可能です。

丁寧に作業してください。

全部塗れてなかったりはみ出してたりしたら、また違和感ですよ。

服は漂白剤やハイターで色落ちが修復できる?

一部だけ白くなってしまったなんて場合、漂白剤とかハイターが原因だったりしませんか。

ハイターも漂白剤の一部なのですが、塩素系漂白剤というのは漂泊する力がとても強力で使用することで柄の部分がすべて真っ白になってしまったりするのです。

柄物の衣類を着ている時、洗濯する時などには要注意です。

強力な殺菌効果も持つため、感染力の強いウイルスがついてしまった服を選択するのにおすすめですが、色落ちしてしまうのはイヤですよね。

柄物の衣類なら酸素系漂白剤を「おしゃれ着用」とか表示されています。

漂白力が塩素系より弱いのですが白くする力がないわけではありません。

色落ちしやすい素材の服を洗うのに適しているとは言えません。

長時間、付け置きするのも止めておきましょう。

黒い服の色落ちには黒いペンがおすすめ。

白い服にシミがついてしまったなんて時には漂白剤、ハイターをご使用ください。

シミが消えて新品状態が取り戻せるのではないでしょうか。

塩素系漂白剤でお気に入りの服がまだらに色落ちしてしまったって時に、ペンで修正不可っていうくらいやばい状況に陥ることもありますよね。

でも形が好きでやっぱり長く着続けたいってならば、思い切って全体的に真っ白に変えてやるといったやり方もあります。

漂白剤で敢えて色落ちさせるのです。

もう一度前の柄を取り戻すのはムリですが、これからうまくやれば可能かも。

いざという時の最終手段として考えておいてはいかがでしょう。

服の色落ちを修復にはクリーニング店が一番?

服の色落ちを修復にはクリーニング店が一番です。

色落ちしてしまった衣類、ペンで塗るのは素人だとどうしても色むらができてしまいがちです。

紙ではなく布に塗るのって結構大変なことなのです。

だからといって漂白剤で白く染めるのもまだらになってしまう可能性大。

染色でもう一度染め直すって方法もあるものの、単色ではなく複数の色味を使おうとなるとムリですよね。

失敗して当然、服の色落ちの自宅での修理はいずれも「自己責任でお願いします」ってものばかりです。

でも、そこまでして残しておきたいという大切な服を「自己責任で」って、あまりに責任が重すぎます。

もしも失敗してしまったら、とにかくショックが大きいですよね。

服の事なら専門家に任せるのが一番失敗が少ない。

クリーニング店に依頼してみてはいかがでしょう。

本当に大切な服、お気に入りの服なら、専門業者を当たってみることです。

お金はかかりますが、その分の仕事をしてもらえます。

濃い色味が希望なら単色カラー。

少しでも元の色に近づけたいというなら、オリジナルカラーで衣類ごとに染料を調節して染め上げてもらいましょう。

あまりに色落ちが酷い衣類は、思い切ってカラーチェンジをしてみては。

また違った雰囲気になって新しく衣類が蘇ります。

革製品の色落ちを修復する捕色という方法もあります。

素人がやるよりもいくつもの方法があって、布の事とか染色のこととか知識もある。

そんなクリーニング店での修復をおすすめします。

とはいえ、さすがにあまりに色落ちの程度が酷ければ、プロにもどうにもならないことはありますから。

まとめ

服が色落ちしてしまっても、一応は大丈夫です。

染色ペンなど、方法はいくつかあります。

ご自身で直すことできるのです。

とはいえ、ごくわずかな色落ちに限ってです。

うまくいかず、むしろ色落ちしてた箇所が妙に目立ってしまった、バレバレになったなんてこともあるでしょう。

失敗はつきもの、上手く成功すれば御の字という程度で受け止めておくことです。

でも大切な服が修正がうまくいかず、しょうがないと諦めることなんてできませんよね。

それならプロであるクリーニング店にお金を出して修復を依頼するという方法もあります。

素人が試行錯誤するよりは綺麗な仕上がりとなるでしょう。

ただしあまりにひどい色落ちはプロでも不可能。

その時は潔く諦めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました