ラッカースプレー・水性スプレー・油性スプレーの落とし方は?種類ごとのスプレー塗料の落とし方で注意点やポイントを解説

クリーニング

DIYやクラフトで色を塗る時に便利なラッカースプレーですが、うっかり手についてしまったり、壁にはみ出して汚してしまったりする事ありますよね。

使ったラッカースプレーが水性の場合は水や石鹸、家庭用お掃除クリーナーを使うと簡単に落とす事ができます。

油性の場合はクレンジングオイルや除光液、灯油を使って落とす事ができます!

今回は、

  • ラッカー塗料の落とし方!準備するものやポイントは?
  • 水性スプレーの落とし方は?簡単に落とせる?
  • 油性スプレーの落とし方!家にあるもので落とす方法は?

この3つの項目に分けて、ラッカースプレーの落とし方を解説していきたいと思います。

ラッカースプレーをよく使う人はシンナー入りのラッカー専用クリーナーを持っている場合があると思いますが、初めてDIYをする人は持っていない場合が多いと思います。

ホームセンターで専用クリーナーを買ってきて落とすのも一つの手ですが…その後使う機会が無ければ、余らせてしまう事になります。

専用クリーナーを使わずに家にあるもので落とすときには、一番おすすめなのはクレンジングオイルでしょうか。

クレンジングオイルなら家にもありますし、すぐに買うことができるので手軽ですよね!

 

\\油性のラッカースプレーを落とす!!手軽でおすすめ//

↑↑ラッカースプレーも落とせるクレンジングオイルはこちら↑↑

 

そういう時は家庭にある物を使っても落とす事ができますので、専用のクリーナーを買いに行く前に一度試してみて下さいね!

ラッカー塗料の落とし方!準備するものやポイントは?

ラッカー塗料は水性タイプと油性タイプの2種類に分かれています。

ラッカー染料を落とすときは、以下の2つのポイントが大切です。

  • 使ったラッカーが水性か油性かを判断してそれぞれに合った方法で落とす事
  • 汚れてからできるだけ早く対処する事

水性、油性それぞれ落とすときに使うものが違いますのでそれぞれ分けてご紹介していきますね。

水性ラッカーの場合 準備する物

手についた場合は、水(お湯)と石鹸があれば落とす事ができます。

水よりお湯の方がよく落ちてくれますよ。

壁など水をかけて洗い流せない所の汚れを落とす場合は、住宅用洗剤を使います。

リビング掃除用のマジックリンやマイペットですね。

細かい隙間を洗うブラシと拭き取る用の布も用意しておきましょう。

油性ラッカーの場合 準備する物

専用のクリーナー以外で家にあるもので使えるのはアセトンを含んだ除光液又は灯油です。

細かい所を洗えるようにブラシといらないぼろ布や雑巾2枚、自分の身を守るためにマスクと手袋も用意して下さい。

ブラシは歯ブラシで大丈夫ですが、広範囲の場合は100均に売っているキッチンやお風呂用のお掃除ブラシの方が楽だと思います。

水性、油性、それぞれに応じた道具を準備できたらさっそく落としていきましょう!

水性スプレーの落とし方は?簡単に落とせる?

水性のラッカーは乾く前は水でも簡単に落とすことが出来ます。

乾いた後は、界面活性剤が入ったハンドソープや住宅用洗剤を使うことで簡単に落とすことが出来ますよ。

手に付いた場合

手に付いて乾く前なら水で洗い流すだけでもOKです。

乾いてしまった場合も、石鹸やブラシを使って擦るときれいに落とすことが出来ます。

壁や壁に付いた場合

壁についた場合は、汚れたところに住宅用洗剤を吹きかけてしばらく浸透させてから布でふき取って下さい。

つるんとした凹凸の無い素材の場合はこれを何度か繰り返すだけできれいに落ちます。

凹凸のある素材の場合は隙間に入り込んだ塗料が残ってしまうことがあるのでそういう時はブラシを使って掻き出すように擦って下さい。

一見ツルッとしているように見えても小さな傷がついている場合は、塗料が入り込んでしまうこともありますので使い古しの歯ブラシでもいいので用意しておくと便利ですよ。

また、吸水性がある素材の場合は、塗料が染み込んだ状態で乾いてしまうと落としにくくなりますので気付いたらなるべく早く落とすようにしましょう。

油性スプレーの落とし方!家にあるもので落とす方法は?

手や肌に油性のラッカースプレーがついた場合は、クレンジングオイルや料理用の食物油で肌以外の壁や物に付いた場合は除光液か灯油で落とせます。

もちろん今後もラッカーを頻繁に使う予定がある場合は、専用のクリーナーを購入してもいいと思いますが、こちらでは家にある物を使って落とす方法をご紹介していきます。

手に付いた場合

クレンジングオイルは油性の汚れを落とすのに向いていて、顔に使用することを考えて作られている商品なので、肌についた油性ラッカースプレーの汚れを落とす時に向いています。

まず、汚れがついた部分にクレンジングオイルをつけて馴染ませます。

汚れが浮いてきたら少しずつお湯を足して馴染ませながら洗い流していきましょう。

クレンジングオイルがない場合は、料理用の油を使ってもOKです!

これでも落ち切らない場合は、アセトンを含んだ除光液をコットンに含ませて拭いてあげると綺麗に落とす事ができますよ。

除光液はクレンジングオイルよりラッカーの汚れをよく落とす力が強いですが、ラッカーの汚れと一緒に皮膚の油まで一緒に取り除いてしまうので乾燥します。

汚れが落ちやすいからと言って、最初から全部除光液で落とすと、乾燥から炎症を起こしてしまう事もあるので止めておきましょう。

除光液はあくまでも落ち切らなかった部分にだけ使うようにして、後からハンドクリームで保湿するようにして下さい。

壁や床に付いた場合

壁や床の場合はアセトン入りの除光液か、灯油を使います。

除光液や灯油は油をよく溶かしてくれる作用があるので、油性の汚れも綺麗に落とす事ができます。

まず、布に除光液又は灯油を含ませて、ラッカーがついた部分にくるくると丸を書くように馴染ませていきましょう。

揮発性が高い液体なので、途中で乾いてきたらその都度足してくださいね。

しばらくすると固まった塗料がどんどん溶け出してきますので、除光液と灯油が乾く前に綺麗な布で素早く拭き取りましょう。

拭き取る時に周りに汚れを広げないように注意してください。

一気に汚れを落とそうとするよりここまでの工程を何度か繰り返して少しずつ落とす方がうまく行くと思います。

凹凸のある部分や、傷が付いている部分に入った汚れが落ちにくい場合は、ブラシに除光液又は灯油を含ませて軽く擦って落としましょう。

除光液や灯油は引火性と揮発性が非常に高いので、取り扱いに注意が必要です!

引火して火事になる危険性もあるので、絶対に火の近くでは使わないようにして下さい。

ツンとした刺激臭が強く、揮発したガスを吸い込むと体にも良くないので、換気をしっかりとしてマスクもつけて下さい。

肌に直接触れるととても乾燥して肌荒れを起こしますので必ず手袋をしましょう。

いちいち布に含ませて拭くよりも、直接かけて拭いた方がいいんじゃないかと思うかもしれませんが危険なので絶対にやめて下さいね!

油性スプレーの場合も時間が経ってしまうと落ちにくくなりますので、なるべく早めに落とすようにして下さい。

まとめ

ここまでラッカースプレーを家にある物で落とす方法について色々とお話ししてきました。

少し長くなりましたので、簡単にまとめさせていただきます。

  • ラッカースプレーの汚れを落とす時は、その汚れが水性なのか油性なのか判断する事と汚れたらなるべく早く落とす事がポイントになります。
  • 水性の場合は比較的簡単におとすことができます。
    手に付いた汚れは水と石鹸を使って壁や床に付いた汚れはマジックリン等の家庭用掃除クリーナーを使って落としましょう。
  • 油性ラッカーが手に付いた場合は、まずはクレンジングオイルや食物油を使って落として、その後落ち切らなかった所は部分的に除光液を使って落としましょう。
  • 壁や床に付いた油性ラッカーは除光液か灯油を使って落とせますが、火事を起こさないように換気をして火の元の近くでは使わないように注意してください。

専用のクリーナーを買いに行くのも一つの手段ですが、家庭にある物を使って落とす事が出来ます。

専用クリーナーを使わずに家にあるもので落とすときには、一番おすすめなのはクレンジングオイルでしょうか。

クレンジングオイルなら家にもありますし、すぐに買うことができるので手軽ですよね!

 

\\油性のラッカースプレーを落とす!!手軽でおすすめ//

↑↑ラッカースプレーも落とせるクレンジングオイルはこちら↑↑

 

専用のクリーナーを買いに行く時間がなくて数日放置してしまう位なら、自宅にあるもので素早く対応した方が良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました