ボールペンは染み抜きハイターで消える?その他の方法と比較

クリーニング

ボールペンは、水性と油性という製品がありますが、乾燥前と乾燥後においては、実は油性と水性は大差ありません。

なのでボールペンの文字は染み抜きハイターで消えるかどうかという問題については、結論としましては消えるといえます。

と言いますのも、染み抜きハイターは、シミを浮き上がらせて油膜と色素を分離させて汚れを落とすというのが染み抜きハイターになるのでボールペンは染み抜きハイターで消えます。

ここでは、どうしたら効率よくボールペンの汚れを染み抜きハイターで落とすことが可能となるかについて解説をしていきます。

古すぎるボールペンの汚れというものについても解説をしたうえでどのようにすれば落ちるかについても紹介していきます。

ボールペンのシミをハイターにつけてみるとどうなる?

ボールペンのシミをハイターにつけてみるとどうなる?という問題ですが、まず、ボールペンは油性成分の中に色素を含ませたもので、油膜が相手に引っ付くことでボールペンの色が相手に引っ付きます。

なので、接着剤の役割がある油膜をまず分解すればボールペンのシミは油膜と色素に分かれるのです。

次にハイターの効果ですが、ハイターは油分を分解して色素と油分を分けてしまう役割があります。

この仕組みを利用すれば、ボールペンの色を引っ付ける油分と色素を分けることができるので、ボールペンのシミを引きはがすことができるわけです。

ただし、注意してほしい点がありまして、古くなったボールペンのシミというのは、変色が起きてしまい、油分と色素自体が変異しているため、落ちにくくなり、染み抜きハイターで十分に取り去ることができない可能性が高いです。

なので、もっと強い染み抜き効果がある工業用エタノールとかアルコールを用いる必要性があります。

なお、工業用エタノールやアルコールは、純度が高いアルコールでエタノールとかアルコール以外にも主成分が入っているものを意味します。

この強いアルコールを使用すれば、古いボールペンのシミでも取り去ることが可能で変色したボールペンのインキでも取り去ることができます。

ただ、強い成分というのは、安全面に問題があり、エタノールやアルコールは純度が高くなると引火しやすくなるうえ、危険性も上がり扱う側も知識を一応必要とします。

ボールペンを入れたまま洗濯してしまった!洗濯機で洗い落とせる?

ボールペンを入れたまま洗濯してしまった!洗濯機で洗い落とせるかですが、ボールペンが乾燥していなければ洗濯機でボールペンの汚れを落とすことが簡単になります。

ボールペンを入れたままの場合、インキがボールペン自体から漏れ出してインクが他の者に付着するという問題点はあります。

なお、なぜ乾燥すると汚れが落ちにくくなるかですが、インクは、油分が乾燥すると完全に物体に引っ付くので、乾燥前であれば、油分が完全に定着していないため、シミ抜きや漂白剤でも十分に落とせます。

では、乾燥してしまった場合、落せるかですが、漂白という方法を取るか、エタノールをしみこませて、当て布をして当て布側にボールペンの汚れを移して洗濯物からボールペンの汚れを取り去ってから、漂白という流れでよいでしょう。

ボールペンの汚れは、乾燥してしまった場合厄介で、接着剤が乾燥して物体に引っ付いている状態なので、乾燥前のほうが簡単に洗い落とせます。

ですが、ボールペンのインクの接着剤を分解するためにエタノールやアルコールを使うしかないです。

この時、アルコールが強ければ強いほどボールペンの油は落ちるんですが、同時に顔料も油分と混じっているタイプの衣服の場合、衣服の色も落ちてしまいます。

強すぎるアルコールを使って汚れを落とすというのは汚れ以上にその衣服の色自体も落としてしまう可能性があるので注意が必要です。

ボールペンを入れたまま洗濯してしまった服はクリーニングに出してもいい?

ボールペンを入れたまま洗濯してしまった服はクリーニングに出しても大丈夫です。

その上、染み抜きというものをお願いしてボールペンの汚れを落としてもらうというサービスに切り替えてもよいでしょう。

なお、クリーニングの場合、ボールペンの油分を完全に分解したうえで入り込んだ色素をも取り出すことができる装置を所有しているため、汚れを落とすということに関しては高い効果が期待できます。

もっと言えば、ペンキという強力な粘着塗料ですら、クリーニング店では分解が可能で工場とか土木建築業の作業着ですらきれいにすることができるので、ボールペンを入れたまま洗濯してしまった服はクリーニングに出してもいいです。

むしろクリーニングに出すべきで、自分でアルコールの濃度を調整して汚れを落ちやすくするための調整をすることに自信がない場合、クリーニング店にお任せしてボールペンの汚れを落としてもらうのが良いです。

特に自分でアルコールを調製する場合、問題となるのが、火器による火災できちんとアルコールとかエタノールを扱えなかったがゆえ起きる事故のほうが危険です。

しかも、アルコールは、純度が上がりすぎると炎が見えなくなるという特性があり、実は火災が発生しているが炎が見えないがゆえ気が付かないという事態にもなるので、クリーニング店にお任せしてクリーニング用マシーンで洗濯をした貰った方が絶対に安全であると言い切れます。

まとめ

ボールペンについては、洗濯によって汚れを落とすことは可能ですが、アルコールとかエタノールという可燃物を使用しないといけない場合もあり、染み抜きハイターで落ちれば運が良かったと考えるべきでしょう。

もちろん、ボールペンは乾燥前であれば簡単に染み抜きで落とせますし、アルコールのような強力なものを使用せずとも大丈夫です。

ただ、どうしても落とせない場合、強力なアルコールを使わないといけないのも事実でクリーニング店が一番安全に汚れを落としてもらえるのでどうしても無理な場合クリーニング店がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました