ストレッチポールはドンキで買うのが一番いいの?口コミや値段を調べてみた!!

トレーニング

ストレッチポールは、長い棒状の健康器具のことです。

使用方法としてはストレッチポールの上に寝て行うエクササイズがあります。

ストレッチポールでエクササイズを行うことにより、人の手が届かない身体の深層部にある筋群や関節をゆるめ、骨格を整えたり肩こりを解消する効果があります。

このストレッチポールですが、どこで購入できるかご存知でしょうか。

ドンキホーテやホームセンターなどで販売されていますので、ご覧になったことがあるかもしれせん。

「ストレッチポールならドンキホーテで購入するのが一番良い」という意見もあります。

この記事では、本当にストレッチポールはドンキホーテで購入するのが良いのか、口コミを参考にして調査しています。

価格についても調べていますので、「これからストレッチポールを購入しよう」と考えていらっしゃる方はぜひ参考にしてみてください。

ドンキホーテのストレッチポールの口コミはどう?

ドンキホーテではさまざまなタイプのストレッチポールが販売されています。

名前もピラティスポールやヨガポール、エクササイズポールとさまざまです。

サイズも約1m程の通常サイズのものからハーフサイズのものが販売されています。

ドンキホーテで購入したストレッチポールにはどのようなの評判があるのでしょうか。

口コミを参考にして評判を調査してみました。

まず最初に見つけた口コミにはストレッチポールの材質や質感について書かれていました。

ストレッチポールを触った感触としては「固くて軽い麩菓子」のような感じがするのだそうです。

また、サイズは通常のものであれば、頭から尾てい骨まで乗るくらいの大きさとなっていますので、「 部屋が狭いという方には向かないかもしれない」という口コミもありました。

ストレッチポールには、ハーフサイズもありますので、「部屋があまり広くなくて購入を迷っている」という方はこちらのハーフサイズの方が向いているかもしれません。

ストレッチポールを購入するにあたって、当然その効果が気になりますよね。

そこで、実際にドンキホーテで販売されているストレッチポールを使用した方の口コミを見てみると、「ストレッチポールの上に寝転がるだけでも肩甲骨回りがのばされる感じがわかる」 という方や「ストレッチポールを使用した後に後起き上がると背筋が伸びた感じがする」 という方など満足のいく効果が得られているようです。

ドンキホーテのストレッチポールが一番良いかということに関しては好みの問題もありますので、一概には言えないでしょう。

ドンキホーテのストレッチポールの値段はいくら?

ドンキホーテといえば、オリジナルブランドでは「情熱価格」と呼ばれる低価格帯での販売が有名で、値段が安いイメージがありますよね。

ストレッチポールを初めて購入するという方の中には「できれば安い値段で購入したい」という方もいらっしゃると思います。

ドンキホーテではストレッチポールはどのくらいの値段で購入することができるのでしょうか。

ドンキホーテでストレッチポールを購入する場合の価格について調べてみました。

ドンキホーテではさまざまな種類のストレッチポールの取り扱いがあります。

ストレッチポールの種類によっても値段は変ってきますが、大体1,000円から2,000円くらいの値段で購入することができます。

ストレッチポールの一般的な値段は大体3,000円から5,000円前後の価格帯で販売されています。

スポーツメーカーから販売されているものだと1万円前後するものもありますので、ドンキホーテで販売されているストレッチポールはかなりお手頃な値段なのが分かります。

「ストレッチポールをこれから購入する」といった初心者にはおすすめです。

しかし、一方で「安いものだと不安だ」という方も中にはいらっしゃるでしょう。

そのような方にはやはりスポーツメーカーから販売されているストレッチポールを購入されることをおすすめします。

価格の方も比較的高くなりますが、材質や強度などのこだわりのあるものが購入できるのではないでしょうか。

ストレッチポールをドンキとホームセンターで比較してみた

ストレッチポールはドンキホーテ以外では、ホームセンターなどでも販売されています。

ドンキホーテとホームセンターで販売されているストレッチポールには違いがあるのでしょうか。

ドンキホーテとホームセンターで販売されているストレッチポールの違いを比較してみました。

ドンキホーテと比較するホームセンターはカインズとダイキです。

ドンキホーテで販売されているストレッチポールはカインズで販売されているストレッチポールとそれぞれ名称が異なっていました。

カインズでは「ストレッチログ」、ダイキでは「ストレッチローラー」という名前になっていました。

続いて価格です。

ドンキホーテが1,000円から2,000円であるのに対して、カインズではドンキホーテと同じ1,000円から2,000円となっていて、ダイキでは、3,000円台となっています。

ダイキの方がやや高いものの、ホームセンターでもドンキホーテと同様にお手頃な価格で購入することができるということがわかりました。

また、カインズで販売されているストレッチポールはカインズオリジナル商品となっており、「なでしこサイズ」という小柄な女性や高齢の方向けのサイズが販売されています。

商品はレギュラーとスリムの2種類から選べる点もドンキホーテとの違いでしょう。

今回はホームセンターのカインズとダイキを参考に比較しましたが、お近くのホームセンターでもお手頃なストレッチポールを見つけることができるかもしれません。

まとめ

ストレッチポールはドンキで買うのが一番いいのかについて、口コミや値段を調べてみた結果、ドンキホーテでは安く購入できますので、「ストレッチポールを安く購入したい」「これからストレッチポールを使い始める初心者には向いている」ということが分かりました。

また、お住まいのエリアにドンキホーテがないという場合でも、お近くのホームセンターでドンキホーテと同程度の価格で購入できる場合もありますので、ぜひ探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました