ポリエステルの服を着る季節や時期は?ちょうどいい季節はある?

ファッション

「ポリエステルの服は1年中着ることができる万能素材」というのが結論です。

ただし、ポリエステルでも生地の厚さや素材によって着る季節が変わります。

シフォンやブラウスであれば、春~夏にかけてがおすすめですし、スーツやジャケットであれば秋~服に着用可能ですね。

そして現在においては「吸水速乾」としたポリエステル100%の製品も多く出回っています。

夏はポリエステルを着ていると蒸れやすい、暑いと言った声もよくありますが、ポリエステルは乾きやすい線維なので、汗によるべたつきを抑え、爽やかな着心地を持続させます。

スポーツウエアにもよく採用されていますね。

汗によるべたつきを抑えたい場合は、暑い季節に着用することもおすすめです。

また、冬にもポリエステルのアウターはおすすめです!軽くて温かいです。

ポリエステルは軽い素材なので、重さを感じません。

そしてポリエステルは通気性が悪いので、風を通さな中の温かい空気を逃がしません。

アウターとしてはすばらしい機能を発揮してくれそうですね。

ポリエステルを着る季節はいつ?スカートの場合を紹介


ポリエステルのスカートを着用する季節は「生地の厚さによって年中着用可能」です。

ポリエステルのスカートを着用するメリットはなんといっても、

  • シワになりにくく
  • 型崩れしにくい
  • 家で洗える
  • すぐ乾く

ことです!

そしてボトムで気になるのは「耐久性」

ポリエステルは耐久性に優れている素材なので、破れをあまり気にすることなく着用可能です。

ポリエステルのスカートにおすすめなのが、「プリーツ」「タック」のついているもの。

ポリエステルのスカートは洗濯してもアイロンをすることなく、折り目がちゃんと戻ってくれるので、きれいな形を維持してくてます。

ポリエステルは適度に「光沢感」もあるので、オフィススカートなんかにも使えそうですね。

シワになりにくいことから旅行なんかにはポリエステルのスカートを持って行くと、旅先でもシワを気にすることなくおしゃれが楽しめそうです。

軽いので持ち運びも楽ですね。

ポリエステルのスカートは年中着ることはできますが、生地の厚さには注意しましょう。

冬には「フリース」なんかもよいですね。

「フリース」はひとつつながりになった羊の原毛を意味しますが、一般的なフリースの材料はポリエステルとなります。

温かくて、軽くて、乾きやすい。

「フリース」はカジュアルからエレガントコーデまで合わせることができます。

夏は綿と混紡されたポリエステル素材スカートなんかよいですね。

ポリエステルは汗を吸わないので、汗を吸ってくれる綿を挟むことで快適な履き心地が実現します。

ポリエステル100%であれば、汗を吸わないので肌に密着しないデザインを選ぶと快適に履くことができそうです。

ポリエステルのワンピースを季節を気にせず着こなすワザとは?


ポリエステルのワンピースに季節ってあるの?って思いますが、私は冬のポリエステルのニットワンピースはおすすめしません。

価格も安価で軽くて、着やすいのでついつい買ってしまうのですが、「毛玉問題」に悩みます。

ポリエステルは毛玉が出来やすい素材で、尚且つ、強度がある素材なので毛玉にも強度があるのです。

ウール等の天然素材の方が毛玉は出来るけれど毛玉が取りやすい利点があります。

毛玉だらけのニットってちょっと恥ずかしいですよね。

毛玉が出来ても簡単にお手入れが出来ればいいけど、毛玉がなかなか取れないポリエステルはおすすめできません。

なので、さらさらした生地で洗濯してシワになりにくいポリエステル地のワンピースを選ぶことが私は多いです。

そして自身としては、真冬というよりはその他の季節で着用することが多いですね。

でも、どうしても寒い季節に着たい場合は、中にレギンス・タイツを併せて着用しています。

またボトムとして季節の生地感が気になる場合は長い服を着た上で、下にチラッと見えるようにワンピースを着用しています。

そうすることで、ワンピースの全体を活かす事はできませんが、より様々なコーデを楽しむことができます。

またジャージーワンピなどを取り入れるとストレッチ入りの柔らかいワンピを楽しむ事ができます。

一枚でおしゃれに着こなせるデザインのものも多いですし、寒くなれば上に羽織りものをすれば年中着る事ができます。

ポリエステルを使用したジャージ素材でワンピを1年中活躍させてみてください。

ポリエステルの時期や温度を意識して着るコツとは


ポリエステル着用の時期は得にありません。

ですが、生地の厚さと何が混紡されているかは確認する必要がありますね。

ポリエステルの生地に綿が入ってる場合は、通気性がよく、汗を吸いやすくなる上に肌触りがよくなります。

綿だけでは縮みやすく型崩れしやすいですが、ポリエステルが入っていることでカバーされます。

夏に着るのに最適ですが、生地の厚さによって全季節で着用が可能です。

ポリエステルの生地にウールが入っている場合は光沢感がでて安価で高級な質感が楽しめますね。

ウールは夏は涼しくて、冬は暖かい特徴を同時に楽しむことも可能かと思います。

特に冬はモコモコの特徴を生かして熱を外に逃がしません。

ポリエステルにレーヨンが入っている場合は、伸縮性に優れ、耐久性が高いです。

レーヨンが入っていることで、絹のような心地よい着心地やゆったりとした着心地が楽しめます。

春や夏に楽しめる素材ではないでしょうか。

ポリエステルの服を着る際の注意点としては、

  • ポリエステル×ナイロン
  • ポリエステル×ウール
  • ポリエステル×レーヨン

の組み合わせになると静電気が発生しやすくなります。

ポリエステルはマイナス帯電なので、プラス帯電のものと組み合わせて着ると静電気が発生しやすくなります。

コットン、麻、絹などの天然素材と組み合わせて着ると静電気も発生しにくいです。

特に湿度が低くなる秋~冬にかけてのポリエステルとの組み合わせ素材の服にはご注意ください。

まとめ

洋服の生地でよく見かけるポリエステル。

とても優秀な機能素材でした。

私も冬は毎日ヒートテックの肌着に、レギンスでお世話になっています。

そして夏はジャージーワンピースをよく着用させていただいています。

子育て世代には耐久性があり、シワになりにくい、安価!と手を合わせたくなる素材です。

ただし、上記したようにポリエステルのニットは毛玉が深刻です。

私も、楽だし耐久性もあるしと冬もポリエステルのニットワンピースを愛用していますが、シーズン終わりにはかわいそうなくらいの毛玉に襲われています。

値段も高くないし来シーズンは無理だな、いつダメになってもいいやと思って買って着られる方には問題ないと思いますが、大事にしたい方はやめておいた方がいいです。

ポリエステルの服の手入れ方法としては、ポリエステル100%の服は色落ちしやすいので注意してください。

またシワにはなりにくく、熱には強い素材ですが、アイロンをかける場合は低温~中温であて布をしてするようにしてください。

おもわぬテカリを招くことがあります。

そしてポリエステルは汚れを吸着しやすいので洗濯する際は汚れものと一緒に洗う、詰め込むは避けるようにしてください。

これらのことは最低限ご注意くさいね。

この記事を読むと、興味がない方でも少しは素材に興味がわき、洋服などを購入する際にチラッと表示タグをみてみようかなと思われたのではないでしょうか。

それぞれの素材の良さを楽しみながらコーデをしていってくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました