ビルトイン食洗機から異音が聞こえる!?異音の種類によるチェック項目を解説

生活家電

ビルトイン食洗機から聞こえるイオンについて解説をします。

ビルトイン食洗器は、モーターを内部構造に含みますので、モーター部分でイオンが発生することが多いです。

特に、乾燥用のモーターと食器洗い用の洗浄モーターが分かれている場合などもありますので、種類によっては複数のモーターが内部に組み込まれているのがビルトイン食洗器です。

この記事では、大まかにどこの部分から異音が発生していてだんだんと音が大きくなるとどうなるのかということについて触れていきます。

そのうえでこれは修理が必要これは修理の必要性は無いだろうというものをピックアップしていきますので修理が必要なイオンについては修理をするという方向性でお願いします。

ビルトイン食洗機から異音がブーンと聞こえる時の対処法

ブーンというビルトイン洗器から出る異音ですが、これはモーターが高速で駆動している際、音がなるんですが、故障の場合とそうではない場合があります。

と言いますのも、ビルトイン食洗機はあらかじめ、説明書などにおいて音が出ることについて言及されていて、割と大きい音が出ても故障ではないとしているケースが多いです。

逆に、故障だろうと判断されてしまうのは、実は音よりも振動で初めは全然揺れてなかったのに、突如動作をしている最中に激しく揺れ始めるようになるとこれはモーターが異常回転をしているため内部で振動をしているため故障になり修理案件です。

振動が激しくなるとどうなるかですが、振動が激しくなるとほかの部品の劣化が早まるうえ内部のねじが緩みビルトインの売りである、食器が飛び出すような動作すらうまく行えなくなり、最悪ビルトイン食洗機の開閉ができないという事態に陥ります。

こうなりますと、振動が原因で様々な機能に障害が出てきて、食洗機が開閉しないだけですまずに食洗機の乾燥機能ですら不具合を生み始めるので、振動が激しくなっていると感じた場合、修理を検討するとよいでしょう。

ちなみにですが、ビルトイン型の食洗機は、振動が強くなると、開閉時に飛び出てくるレールも大きく変形して動きにくくなります。

スムーズにお皿が取り出せないという事態に陥り、こうなりますとかなり修理に手間がかかるので振動があまりにも強くなっていると感じた場合早めに修理したほうがよいでしょう。

ビルトイン食洗機から異音がキーンと聞こえる時の対処法

キーンという異音ですが、これはヴビルトイン食洗機の内部で高速で動いているモーターに不具合が出ていて、いずれモーターの軸が大きくずれてが壊れる可能性がある故障になります。

これは、モーターに防振処理を施している場合、防振処理が機能しなくなった場合にも起こり得る問題で、モーターの振動を抑え込む機能がうまく機能しなくなることで起きる故障です。

モーターは、通常振動があっても電力さえ通電していれば動作をします。

しかし、振動が強くなると問題になるのがモーターの軸がずれて負荷がかかるという問題で、これをずっと続けるとモーターは軸が変にすり減り、回転がスムーズにならなくなります。

こうなるとパワーが落ちていき洗浄能力や乾燥能力に影響を及ぼし始めるのでキーンという音が出ている場合、修理を検討するのが良いでしょう。

なお、購入時に初めから音が出ていた場合、実は不具合であるケースもあります。

この場合、無償での修理になると思われますので購入してからすでにキーンという音が鳴っていた場合、修理に出して再度異音がするかどうかを確認するとよいでしょう。

なお、モーター以外が原因で音が鳴る場合は、モーターが動かす動力機関がすり減って音が出ている場合もあったります。

動力機関内部の歯車がうまくかみ合わなくなっていて音が出ている場合もあるので、これも修理という扱いでなおしてもらうとよいでしょう。

ビルトイン食洗機からキーキー音が聞こえる時の対処法

ビルトイン食洗機から、キーキー音が聞こえる問題ですが、これは、開閉部分のレールの歪みによって、正常に食器を取り出すことが難しくなり始めている場合が考えられます。

つまり、開閉部のレールが劣化することで金属同士がこすれて音が出ているという状態なので、金属が歪んでいるのであれば、ゆがみを自分で戻すとおそらく金属音のキーキー音はなくなるでしょう。

ですが、通常、自分で開閉部のレールを修理するということはありませんし、おそらくできません。

なぜなら、開閉部の仕組みを完全に理解していないとレールを取り外してゆがみを直すことはできませんし、まして材料を入手してレールを交換することもできないからです。

なので、キーキー音の場合は、開閉部の気候を修理という流れで業者さんに依頼をして直してもらうというのが良い方法でしょう。

ただ、ビルトイン食洗機は、部品の在庫というものがありまして、在庫が枯渇した場合、修理をすることが難しいという問題もあります。

一応メーカーでは製造終了から8年間の部品の保管が認められているので製造終了してから8年目までの商品であれば部品があるので修理できると思われます。

それ以上の年代になりますとビルトイン食洗機の修理はできないと思われますので、キーキーと音が鳴っている食洗機はいつごろに販売が終了したかを把握しておいて修理の依頼をするのが良いでしょう。

絶対にすべきではない行為としては油を注油することです。

これをするとレールに大量にゴミが付着したり開閉装置にゴミが付着するので、金属の擦れる音がする=油を指して修理という考えは捨てましょう。

まとめ

ビルトイン食洗機の音が大きくなると振動が強くなり始めるケースが多くこうなりますと修理をして部品を交換しないとまず、直すことはできないでしょう。

そのうえで、音で大体の故障を知ることができるんですが、音よりも重要なのが振動で振動が強くなる方が実はビルトイン内部で大きな故障が起きている可能性がありますのでまず振動についても以前より大きくなっているのであれば、注意してみるとよいでしょう。

振動が強くなっていても早期に気が付いたのであれば、開閉できなくなりましたという問題も起きないので早めにおかしい、振動が強すぎるとか、音が大きすぎると感じたら業者さんにお願いして点検してもらい修理をして貰うとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました