洗濯機の洗剤自動投入機能にカビが生えた!使用する際のメリット・デメリットを検証

生活家電

洗濯機の洗剤自動投入機能にカビが生えた場合、カビが投入を邪魔する結果になり、投入されるはずの洗剤がうまく自動計量されずに適当な量が投入されるというデメリットがあります。

ここでは洗濯機の洗剤自動投入機能にカビが生えた場合、どのように掃除をすればよいかと解説したうえで絶対にしてはいけない掃除方法についても解説をしていきます。

これをやると最悪壊れるというものについては絶対にしないという流れで理解して頂ければ幸いです。

特に、業務用のカビ取り専門の薬剤を使用してカビをやっつけるという方法は、危険な場合があるので当方では推奨しておらず、別の対策法を提案します。

洗濯機の洗剤自動投入機能にカビが生えた時の掃除方法

洗濯機の洗剤自動投入機能にカビが生えた場合、熱湯を注入してカビを退治するという方法が一番安全なカビが生えた際の対処法になります。

やり方を説明しますが、まず、自動投入機能のタンク部分を取り外して、内部に入っている洗剤をきれいに出してから、タンク内に熱湯を注入し、それを自動洗剤投入機能で熱湯を注入してカビを退治するのが安全なカビの退治法です。

この時、液体洗剤と柔軟剤投入経路の両方を自ら選択して洗剤を注入するタイプの場合、注入経路を選択してから、熱湯で内部の自動投入装置内を洗浄するので、この方法が一応安全な方法です。

逆にしてはいけないのが、カビ取り剤を入れるという方法です。

この方法は確かに効果的なんですが、洗濯機を販売しているメーカー自体が推奨していないやり方で、内部の自動投入機能にダメージが入るのでやってはいけない方法の一つです。

しかし、塩素系の洗剤であれば、自動投入口に入れてカビを退治することができるのでどうしても強力なカビを落とす場合、塩素系の洗剤を自動投入口に投入して退治するというのが正しい方法です。

これをカビ取り剤で行ってしまうと、内部構造の部品を腐食させたり、必要な部品の油分を分解することになるので、部品の動作がうまく動かなくなります。

基本、洗剤という分類の塩素系の薬剤で自動投入機能を洗浄するのが強力なカビの退治法になり、洗剤自動投入機能の掃除法になるので、絶対に、業務用などの強力なカビ取り剤は使用してはいけません。

洗濯機の洗剤自動投入の減りが早い!改善策は?

洗濯機の洗剤自動投入の減りが早い場合は、手動で洗剤を入れるというのが一番の問題の解決策になります。

減りが早いのは、自動計量の場合、適量が出てこなくなるがゆえ、通常よりも多く自動投入されるという問題が生まれやすいからです。

もしくは、液体洗剤を使用するというのもおすすめです。

洗濯機の洗剤の自動投入機能の中には液体洗剤専門の自動投入機能があり、液体であれば、正確に量を計測できるため不必要に洗剤を無駄にしないという利点がある洗剤もあります。

ただ、洗剤の自動投入は、他にも洗濯物の重さが重くなれば、洗濯物の量が増えたと洗濯機のセンサーが判断しますので、洗濯物の量が増えれば、洗剤の投入量も増えます。

改善策としては、洗濯物をたくさん洗わないとか、重くない洗濯物を洗うという方法で対応するしかないでしょう。

他にも付け置や自動水洗いなど洗剤を多く使用するモードで洗っていた場合も洗剤の自動投入のヘリが早くなります。

どうしても洗剤の消費量を抑えたいのであれば、手動投入が一番の改善策になります。

手動投入の利点は、洗剤のみ手動で投入し、柔軟剤だけを機械に任せるという方法を取れる点です。

この方法であれば、柔軟剤の投入だけ洗濯機に任せて、後の洗剤の量については人間側で管理できるので無駄に洗剤を消費することもないですし、柔軟剤についても手動投入にすればさらに消費量を抑えることができるので、消費量を限界まで抑えることも可能です。

洗濯機の洗剤自動投入機能のメリット・デメリットを紹介

洗濯機の洗剤自動投入機能のメリットは、

  • ワンボタンですべてが完結することと
  • 洗濯物の分量に対して正確な分量の洗剤が投入される

ことです。

デメリットにおいては、

  • センサーが感じ取る洗濯物の量が多くなれば、おのずと洗剤の量が多くなる
  • 洗剤自体がうまく自動投入口から投入されなくなると、投入される量が増えたり減ったりするなど不安定になることが多い

ことです。

洗剤投入口を月に一度真水で洗浄してつまりの無い状態にしなければならないなどメンテナンスを割と頻繁にしないと機能自体が失われるというデメリットがあるのです。

特に、自動投入機能が失われるというデメリットはかなり大きなデメリットで、要は洗剤が詰まってしまって正確な量が出なくなることで機能を生かせなくなるということです。

しかも、この自動投入という機能は、カビに弱く液体洗剤なんかでも、抗菌タイプの洗剤でない限り、洗剤を通してカビが発生してしまいます。

カビ自体が投入口で繁殖することで投入を妨げる結果になるので、カビが生えるとカビの退治もしなければなりません。

カビ退治自体は、塩素系の洗剤を投入口から投入して退治することのほか、熱湯で退治をする方法があります。

ですが、カビ自体が強力に自動投入口内で繁殖しますとお手上げになるため、分解して掃除するしかなくなり、分解については、知識を必要としますので素人では無理になります。

よって、洗剤の自動投入については、メリットは機能が働いている間は、洗剤の量を調製することなく自動で洗剤の量を調整してくれる点ですが、デメリットにおいては、機能が失われると、手動の計量以下になる点です。

まとめ

洗濯機の洗剤自動投入機能にカビが生えたという問題ですが、この問題は、定期メンテナンスをして防ぐしかなく、定期的に塩素系洗剤を自動投入口に入れるか、熱湯を入れてカビ退治をするしかないです。

このメンテナンス作業をサボるとカビが生えてしまい、薬剤の投入量が正確ではなくなります。

なお自動洗剤投入機能の洗剤の投入量は、悪魔でセンサーが洗濯物の量を感知して決めるので、センサーがズレだすと投入すべく量も変わるので、センサーが正確であるかどうかのチェックも必要になるので、一番洗剤を無駄にしないのは、手動で洗剤を入れる行為になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました