服にボールペンがついた!洗濯で落ちる?時間が経った場合の落とし方

クリーニング

うっかり服にボールペンがついちゃったことってありますよね。

仕事で胸ポケットにボールペンを入れています。

ペン先をしまうのを忘れてペンを入れたポケットの底が黒くにじんでいることがあります。

洗濯をしてもその時は取れませんでした。

時々急いでいる時にペン先が服に当たって黒いシミがついたりすることもあります。

なかなかその場ですぐに対処できないので、もう取れないものだと思って諦めていました。

お気に入りのシャツにボールペンがついてしまうと悔しいけど諦めてしまいます。

しかし、できれば汚れを綺麗に落としてまたこのシャツを着たいという気持ちも強いです。

時間がたっても落ちる方法を見つけ出し今後に活用したいと思います。

ボールペンのインクは洗濯では落ちない?実際に洗ってみた

お気に入りの服にインクがついたことで諦めたくはありません。

インクが取れないままなら、タンスの奥でその服は眠ってしまい二度と着ることがなくなります。

一番手っ取り早いのが洗濯機に入れて洗ってしまうことです。

インクで汚れた部分に洗濯洗剤を直接かけました。

服が痛んだりボタンが取れないように普段はネットに入れて洗濯しますが、それではしっかり洗える気がしなかったため、ネットに入れずに洗濯しました。

また、他の洗濯物と一緒に洗うと、他の洗濯物にインクが移る心配もあったため、インクで汚れた服一枚を入れました。

洗濯してわかったことはボールペンのインクは普通の洗濯洗剤では落ちません。

ボールペンには水性と油性があります。

水性の場合は洗濯機で洗濯すると少し薄くなる程度でした。

油性ボールペンのインクがついた服も試しに洗いました。

耐水性・速乾性に優れている油性ボールペンは洗濯しても全く変化がありませんでした。

今のボールペンはインクの保存性を重視しているものが多いため、簡単には落としにくくなっています。

結果、洗濯機で回すだけではインク汚れは落ちませんでした。

クリーニング店にお願いする方法もありますが、持って行くのも面倒ですし、料金もかかってしまいます。

また絶対にインク汚れを落とせるのかもわかりません。

自宅で何とか落とす方法を見つけて自分で対処できるようになりたいです。

洗濯機で回す前に何か一手間加えることで落とす方法がありそうです。

服にボールペンがついちゃった!時間が経った水性インクは落とせる?

インクがついてもすぐにその場で対処するのは困難です。

仕事でボールペンを使うことが多いため、勤務中にインクを服につけてしまいます。

仕事の休み時間にトイレで水洗いすることもできますが、汚れた場所によっては服を脱がないと洗えない場合もあります。

そうなると、勤務時間中に対処するのは困難です。

仕事から帰ってからもボールペンのインクを落とすことに1番に取り組むのは困難です。

帰れば食事の支度があったり家事に追われます。

夜遅くなったり翌日に対処することになります。

時間が経った水性ボールペンのインクを落とすために用意するものは石鹸です。

石鹸は手洗い用の石鹸を使用しましたが、洗濯用の石鹸の方が落ちやすいです。

「石鹸だけで大丈夫?」と思うかもしれませんが私はこれだけで落ちました。

他に特別な物を買いに行って用意する時間もありません。

家に置いてあってすぐに使えるものがいいです。

  1. お湯と石鹸で何度も揉み洗いをします。
  2. 薄くなったらインク汚れの部分に洗濯洗剤をかけて洗濯機で洗う

と綺麗に取れました。

水性だからお湯と石鹸でインクを落とすことができましたが、油性だとこれだけでは落ちません。

ネットに入れて他の洗濯物と一緒に洗濯してもインクが落ちました。

かなり強く揉み洗いをしました。

服の素材によっては揉み洗いすることで服を傷付ける可能性があります。

また、色落ちする可能性もあるため服の端っこで試してから石鹸で揉み洗いすることをおすすめします。

ボールペンのインクが服についた時の落とし方。時間が経った場合もこれでOK!

服にボールペンのインクがついていると清潔感が損なわれます。

大袈裟かもしれませんが先方からの信頼も損なう可能性があります。

気づいたら胸ポケットの下が黒く滲んでいたり、袖口にインクがついていると仕事のやる気もなくなります。

「いつから汚れていたんだろう」と気になって落ち着かなくなります。

綺麗に汚れを落として気分を新たに次の日から仕事を頑張りたいです。

清潔感を出すために白や水色など、明るくて薄い色の服を着ていると汚れが目立ちます。

紺や黒など暗い色ならインクがついても目立ちませんが、そればかりを着られませんし、汚れがつい

たままで放置するわけにもいきません。

特に油性ボールペンは水性ボールペンより落ちにくく作られています。

耐久性があり時間が経っても色の変化がないことが魅力ですがインクがついた時には困ります。

時間が経つにつれて服の繊維に染み込み、より一層落としにくくなります。

そこで思いついたのが食器用洗剤です。

油汚れに適しており自宅の掃除でもよく使っています。

テレビCMでも油汚れを落とすことを強調しています。

また改めて買いに行かなくても必ず家にあります。

油性ボールペンは「油分」を含んだペンなので効果は抜群です。

食器用洗剤で揉み洗いをしたあと、さらに酸素系漂白剤を加えて揉み洗いします。

ネットに入れて洗濯機でいつも通り洗濯をします。

洗い上がりを確認すると綺麗にインク汚れが落ちていました。油性ボールペンでも落とすことができるので心配はいりません。

まとめ

時間が経ったボールペンのインクの汚れも自宅にあるもので簡単に落とすことができます。

時間が経つと服の繊維に染み込んでしまうためできるだけ早く対処するのが良いですが、忙しい毎日でなかなかできません。

時間が経過しても落とせる方法を知っていることで慌てずに対処することができます。

水性ボールペンでも油性ボールペンでも落とす方法があるのでクリーニング店に頼る必要もありません。

金銭的にも節約できて助かります。

水性ボールペンの場合はお湯と石鹸で揉み洗い、油性ボールペンの場合は食器用洗剤と酸素系漂白剤で揉み洗いをします。

どれも自宅にあるもので簡単に自分で対処することができます。

職場の同僚にも教えてあげたくなる生活の知恵です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました