芳香剤が匂わない!車内・玄関での原因と対処法を解説

生活関連

車や玄関などは、靴の臭いや皮脂、汗、ペットの臭いが気になる場所なので、芳香剤を設置している人が増えています。

芳香剤を買ったばかりなのに、あまり匂いがしないので悩んでいる人が少なくありません。

芳香剤は寿命があるので90日に1回ぐらいは、交換が必要ですし、正しい使い方、設置のしかたを覚えておかないと匂いがあまりしないことが多いです。

車は天井やエアコンの送風口、シートなどに臭いが付きやすいので、掃除を怠っていると芳香剤の匂いがしないことがあります。

玄関は靴、皮脂や汗、ペットの臭いなどが強いので、掃除を怠ると芳香剤を置いても匂いがあまりしないと感じることが多いです。

玄関や車などは汚れが気になる部分は、こまめに拭き掃除をして清潔を保ちましょう。

よく匂う芳香剤はどれ?メーカー比較

代表的な芳香剤メーカーにはエステー、ラボン、小林製薬などがあります。

シンプルで飽きのこないデザイン、上品で落ち着いたデザインの商品が多いので、玄関やトイレなどに設置するのに向いています。

芳香剤メーカーのエステーは、自然な優しいアロマの香りが特徴なので、香りが強すぎず自然な優しい香りが持続するのが特徴です。

マンダリンオレンジやレモンなどの柑橘系の香りは、幅広い年代に好まれるので人気があります。

芳香剤メーカーのラボンは、上品で落ち着いたデザインが特徴なので玄関のインテリアとよく調和します。

ムスクのようなオリエンタルな香りが揃っているので、靴や皮脂、汗の臭いが気になる玄関に設置すると良いでしょう。

人気の芳香剤メーカーの小林製薬は、ドラッグストア、ホームセンター、大型ショッピングセンターなどで豊富な香りや種類が販売されています。

自然な優しい香りが特徴になっており、シンプルで飽きのこないデザインなので、玄関やリビングなどに設置すると良いでしょう。

人気のメーカーの芳香剤は、適正な価格で販売されており、正しく使用すると匂いが持続するのが特徴です。

芳香剤は香水とは違って香りが弱いので、90日に1回ぐらいは新しい商品を交換すると良いでしょう。

玄関やトイレ、車などの臭いが発生しやすい場所は、こまめに拭き掃除をして清潔にしてから、芳香剤を置くのがお勧めです。

車内の芳香剤が匂わない!原因と対処法

自動車の車内は密閉された空間なので、汗をかいている家族を乗せた時、犬や猫などのペットを動物病院やペット美容室に連れて行く時に、嫌な臭いが充満してしまうことがあります。

車に芳香剤を設置しているけれど、あまり匂いがしないので悩んでいる人が少なくありません。

買ったばかりなのに匂いがあまりしない場合は、使い方を間違っている可能性があります。

缶詰タイプの芳香剤は最初は1面だけ開けて、しばらくしてからもう1面開けて使用すると香りが長持ちすることが多いです。

最初から両面を開けてしまうと、買ったばかりなのに香りがしないと感じることがあります。

実際には芳香剤から匂いがしているけれど、人間の鼻は匂いに慣れてしまうのであまり感じていない場合があるので理解しておきましょう。

自動車に汚れが付いていると芳香剤が効きにくくなります。

自動車のシート、天井、エアコンの風が出ている部分は、専用のシートを使って拭き掃除をすると良いでしょう。

エアコンの内部は専門業者のスタッフに依頼すると、4千円から6千円前後です。

拭き掃除をしておくと芳香剤の香りがしやすくなります。

芳香剤は消耗品なので寿命は90日程度なので、定期的に交換をする必要があります。

定期的に交換をしたり、自動車のフロント部分に芳香剤を設置することで匂いが長持ちするので試して下さい。

玄関の芳香剤が匂わない!原因と対処法

玄関は靴を脱いで家族が出入りする場所なので、靴の臭いや汗、皮脂などの臭いが発生しやすいです。

友人や知人の家を訪問した時に、玄関から嫌な臭いがしたという経験のある人が少なくありません。

玄関の嫌な臭いを改善するために、芳香剤を設置しているご家庭が多いです。

購入したばかりなのに芳香剤からあまり匂いがしないので、悩んでいる人が多いです。

芳香剤は香水とは違って香りが弱いので、一定の時間を経過するとあまり香りがしなくなることがあります。

実際には芳香剤から匂いがしているけれど、人間の嗅覚は慣れてくると鈍感になるのであまり匂いがしないと感じることが多いです。

玄関は人が出入りをする場所なので、靴や汗、皮脂などの臭いはもちろんですが、カビ臭さ、湿っぽい臭い、調理などの生活臭などが原因で芳香剤を置いてもあまり匂いがしなくことがあります。

玄関の周囲は拭き掃除をこまめにしたり、玄関の近くの窓に設置しているカーテンなどは、こまめに洗濯をすると良いでしょう。

家を清潔に保ち、こまめに掃除をすることで芳香剤を設置すると匂いがしやすくなります。

芳香剤はスティックタイプは、寿命が長いので人気がありますが、半年以上経過すると匂いが弱くなるので定期的に交換をすると良いでしょう。

芳香剤からあまり匂いがしないと感じる時は、生活臭やペットの臭い、汗の臭いが強いので効いていないと感じることが多いです。

まとめ

車や玄関の芳香剤は、香水に比べると香りが弱いので、人間の鼻は慣れてくると匂いを感じにくくなります。

実際には匂いがしているけれど、嗅覚が鈍くなって感じにくい時が多いです。

芳香剤は正しい使い方、設置の方法などを知っておかないと、十分に効果が発揮できないことがあります。

缶詰タイプは最初から両面を開けないようにしたり、スティックタイプは半年以上を過ぎると匂いが弱くなるので定期的に買い替えが必要です。

車や玄関の芳香剤は、匂いがあまりしない時は生活臭、ペット臭、皮脂や汗などの臭いが強い時が多いです。

家をこまめに掃除をして清潔を保つことで、芳香剤の匂いがしやすくなります。

芳香剤は消耗品なので、一定の期間を過ぎると交換をすることが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました